Through The Night > Discography > Album part 1
Albums part.1 (1977〜1980)
Cheap Trick / In Color / Heaven Tonight / Dream Police / All Shook Up
1977
Cheap Trick'77
Cheap Trick
Produced by Jack Douglas
1.Elo Kiddies
2.Daddy Should Have Stayed In
High School
3.Taxman Mr.Thief
4.Cry,Cry
5.Oh,Candy
6.Hot Love
7.Speak Now Or Forever Hold
Your Peace
8.He's A Whore
9.Mandocello
10.The Ballad Of TV Violence
Bonus tracks:
11.Lovin' Money (outtake)
12.I Want You To Want Me(early version)
13.Lookout
  (previously unreleased studio version)
14.You're All Talk
   (previously unreleased studio version)
15.I Dig Go Go Girls
   (previously unreleased studio version)

2017 Complete paper sleeve collection
(Japanese edition CD only)
1.Hot Love
2.Speak Now Or Forever Hold
Your Peace
3.He's A Whore
4.Mandocello
5.The Ballad Of TV Violence
6.Elo Kiddies
7.Daddy Should Have Stayed In
High School
8.Taxman,Mr.Thief
9.Cry,Cry
10.Oh,Candy
Bonus tracks:
11.Waiting For The Man/Heroin
(Live At The Brewery - Tom vocal)
12.Taxman,Mr.Thief
(Ardent Studios Demo)
13.Fan Club(Ardent Studios Demo)
14.Elo Kiddies(Single Version)
15.Lovin' Money("Cheap Trick" outtake)
16.I Want You To Want Me
(Early Studio Version)
17.Lookout(Studio Version)
18.I Dig Go-Go Girls(Outtake)
19.Oh,Candy(Single Version)
20."Cheap Trick" Radio Spot

  Sick Man Of Europe等の前身バンドを経て、'77年にリリースされたデビュー・アルバム。メンバーはリック・ニールセン(ギタ−)、トム・ピーターソン(ベース)、バーニー・カルロス(ドラムス)、ロビン・ザンダー(ヴォーカル) プロデュ−スはジャック・ダグラス(Aerosmith、 Patty Smith、Alice Cooper他) ハード・ロックではあるが類型的なそれでなく、パンク的な要素もあるがパンクでなく、アメリカのバンドにしてはイギリスの音楽の影響が強いが、従来のブリティッシュ・ロックとは一線を画す。4つの個性のぶつかり合いが生み出す、ヘヴィネスとポップ・センスの絶妙な融合、明るくなりきれないメロディ、独特のユーモア。Cheap Trickサウンドの基本は既にここで完成の域に達している。'77年にして、後のオルタナティヴ・ロックの雛型を作り上げてしまった早すぎた傑作。"Speak Now Or Forever Hold Your Peace"はテリー・リードのカヴァー。オリジナルでは、Tr.6-Tr.10がA面、Tr.1-Tr.5がB面という構成だったが、1998年のCD再発に際して、本来メンバ−が意図していた通りの曲順に並び替えてリリ−スされた。
(1/29/2016: 加筆訂正)
In Color
In Color
Produced by Tom Werman
1.Hello There
2.Big Eyes
3.Downed
4.I Want You To Want Me
5.You're All Talk
6.Oh Calroline
7.Clock Strikes Ten
8.Southern Girls
9.Come On,Come On
10.So Good To See You
Bonus tracks:
11.Oh Boy(instrumental version)
12.Southern Girls(previously unreleased demo)
13.Come On,Come On
(previously unreleased demo)
14.You're All Talk
(previously unreleased live version)
15.Goodnight
(previously unreleased live version)

 2017 Complete paper sleeve collection
(Japanese edition CD only)
1.Hello There
2.Big Eyes
3.Downed
4.I Want You To Want Me
5.You're All Talk
6.Oh Calroline
7.Clock Strikes Ten
8.Southern Girls
9.Come On,Come On
10.So Good To See You
Bonus tracks:
11.Oh Boy(Instrumental Version)
12.I
Want You To Want Me
(Alternate Version)
13.Southern Girls(Single Version)
14.Southern Girls
(Ardent Studios Demo)
15.You're All Talk
(Early Studio Version)
16.Come On,Come On
(Ardent Studios Demo)
17.1977 Radio Station ID's

  レコード会社の指示でトム・ワーマン(Blue Oyster Cult, Ted Nugent, Motley Clue,Kix etc.)をプロデューサーに迎えた2ndアルバム。トムのスムースかつCTのポップ・サイドを強調したプロダクションをメンバーは気に入っておらず、ずっと後(1990年代)にアルバムをまるごとスティーヴ・アルビニと録音し直したことで知られる。バンド史上最高傑作の1曲、"I Want You To Want Me"や"Southern Girls"をはじめとして、シンプルながら巧妙なフックとストラクチャ-を持った曲が揃っており、プロダクションの弱さは気にならない。ソングライターとしてのリック・ニールセンの才能とセンスを実感できるアルバムといえるだろう。シングル4, 7と合わせて日本では大ヒットを記録。
(1/29/2016: 加筆訂正)
1978
Heaven Tonight
Heaven Tonight
Produced by Tom Werman
1.Surrender
2.On Top Of The World
3.California Man
4.High Roller
5.Auf Wiedersehen
6.Takin' Me Back
7.On The Radio
8.Heaven Tonight
9.Stiff Competition
10.How Are You?
11.Oh Claire
Bonus tracks:
12.Stiff Competition
  (previously unreleased outtake)
13.Surrender
  (previously unreleased outtake)

  2017 Complete paper sleeve collection
(Japanese edition CD only)
1.Surrender
2.On Top Of The World
3.California Man
4.High Roller
5.Auf Wiedersehen
6.Takin' Me Back
7.On The Radio
8.Heaven Tonight
9.Stiff Competition
10.How Are You
11.Oh Claire
Bonus tracks:
12.High Roller(Alternate Version)
13.Stiff Competition(Alternate Version)
14. Surrender(Alternate Version)
15. Lookout(Live at Osaka '78)
16.Ain't That A Shame(Live Single Edit)

  初のアメリカでのメジャー・ヒット曲、Surrender(ビルボード・シングル・チャートで最高位62位)を筆頭に、その後ライヴでずっと大事にプレイされ続けてきた"On Top Of The World" "High Roller" "Auf Wiedersehen" "Heaven Tonight" そしてロイ・ウッドのカヴァー"California Man"と、代表曲がぎっしり詰まった3rdアルバム。デビュー・アルバム、「In Color」の美点をバランス良く受け継ぎつつ、曲調はさらに多様化し、曲に合わせるようにアレンジも柔軟かつ緻密に。楽曲のバラエティと洗練とダイナミズムを同時に手に入れ、着実なステップ・アップを記した名盤。"Oh Konnichiwa〜"と日本語で歌われる"Oh Claire"は長い間ライヴのオープニング曲として使われていた。
(1/29/2016: 加筆訂正)
1979
Dream Police
Dream Police
Produced by Tom Werman
1.Dream Police
2.Way Of The World
3.The House Is Rockin'
(With Domestic Problems)
4.Gonna Raise Hell
5.I'll Be With You Tonight
6.Voices
7.Writing On The Wall
8.I Know What I Want
9.Need Your Love
Bonus tracks:
10.The House Is Rockin'
(With Domestic Problems)(Live)
11.WAy Of The World(Live)
12.Dream Police(No Strings Version)
13.I Know What I Want(Live)

 2017 Complete paper sleeve collection
(Japanese edition CD only)
1.Dream Police
2.Way Of The World
3.The House Is Rockin'
(With Domestic Problems)
4.Gonna Raise Hell
5.I'll Be With You Tonight
6.Voices
7.Writing On The Wall
8.I Know What I Want
9.Need Your Love
Bonus tracks:
10.Day Tripper(Live Extended Version)
11.Good Girl(EP Version)
12.Take Me I'm Yours(EP Version)
13.The House Is Rockin'(Live at the LA Forum)
14.Way Of The World(Live at the LA Forum)
15.Dream Police(No Strings Version)
16.Dream Police Studio Chatter

  「at武道館」の予想外の大ヒットで、当初よりリリースが延期された5thアルバム。代表曲"Dream Police", Cheap Trickのというより'70年代を代表する名バラード"Voices"をはじめ、ライヴで欠かせない大作"Gonna Raise Hell" "Need Your Love" トムがヴォーカルをとる"I Know What I Want" CTらしいポップ・センスが存分に発揮された"Way Of The World" "I'll Be With You Tonight" ノリの良い"The House Is Rockin'"と、多彩な楽曲が詰まった名作。アレンジも素晴らしく、要所に配されたストリングスが楽曲の魅力を増幅させている。
(1/29/2016: 加筆訂正)
1980
All Shook Up All Shook Up
Produced by George Martin
1.Stop This Game
2.Just Got Back
3.Baby Loves To Rock
4.Can't Stop It But I'm Gonna Try
5.World's Greatest Lover
6.High Priest Of Rhythmic Noise
7.Love Comes A-Tumblin' Down
8.I Love You Honey But I Hate
Your Friends
9.Go For The Throat
(Use Your Own Imagination)
10.Who'd King
Bonus tracks:
11.Everything Works If You Let It
12.Day Tripper(Live, Short Version)
13.Can't Hold On(Live)
14.Such A Good Girl
15.Take Me I'm Yours

 2017 Complete paper sleeve collection
(Japanese edition CD only)
 
1.Stop This Game
2.Just Got Back
3.Baby Loves To Rock
4.Can't Stop It But I'm Gonna Try
5.World's Greatest Lover
6.High Priest Of Rhythmic Noise
7.Love Comes A-Tumblin' Down
8.I Love You Honey But I Hate
Your Friends
9.Go For The Throat
(Use Your Own Imagination)
10.Who'd King
 
Bonus tracks:
1.World's Greatest Lover(Single Version)
12.Oh Boy(Vocal Version)
13.I Need Love(Demo)
14.Loser(Demo)
15.Reach Out
16.I Must Be Dreamin'
17.Everything Works If You Let It
(Extended Alternate Version)

  Beatlesの一連のアルバムを手がけた、ジョージ・マーティンがプロデュースしたアルバム。前作「Dream Police」においても要所でBeatles的なサウンドを取り入れていたが、両者の融合は単純にBeatles風な方向へ進むのでなく、アルバム・タイトル通りルーツを重んじつつも雑多な音楽的要素が導入されたユニークなハード・ロック作を生むに至った。リックの古典的といえるギター・リフとロビンのアグレッシヴなヴォーカルを軸にしたヘヴィな作風に仕上がっており、アレンジの多様性と相俟ってCTの全作品中最もプログレッシヴという印象を与える。"Go For The Throat"などはBlack Sabbathの影響が伺える。既に前作「Dream Police」でストリングスを効果的に使用していた彼らであるが、ここでは特にシングルカットされた"Stop This Game" ドラマティックなバラード"World's Greatest Lover"においてジョージ・マーティンの力を借り、より完成されたオーケストラル・アレンジを披露している。このアルバムを最後にトム・ピーターソンがバンドを脱退。
(1/29/2016: 加筆訂正)
Album part 2
Through The Night




SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送