Through The Night > Discography > Album part.2
Albums part.2 (1982〜1986)
One On One / Next Position Please / Standing On The Edge / The Doctor
1982
One On One
One On One
Produced by Roy Thomas Baker
1. I Want You
2. One On One
3. If You Want My Love
4. Oo La La La
5. Lookin' Out For Number One
6.She's Tight
7.Time Is Runnin'
8.Saturday At Midnight
9.Love's Got A Hold On Me
10.I Want Be Man
11.Four Letter Word

2017 Complete paper sleeve collection
(Japanese edition CD only)
 
1. I Want You
2. One On One
3. If You Want My Love
4. Oo La La La
5. Lookin' Out For Number One
6.She's Tight
7.Time Is Runnin'
8.Saturday At Midnight
9.Love's Got A Hold On Me
10.I Want Be Man
11.Four Letter Word
Bonus tracks:
12.If You Want My Love(Demo)
13.Saturday At Midnight(Super New Dance Re-Mix)
14.I'm The Man
15.Born To Raise Hell
16.Ohm Sweet Ohm
17.If You Want My Love(Alternate Extended Version)
18.All I Really Want
19.Saturday At Midnight(Super Dub Mix)

   「All Shook Up」のジョージ・マーティンに続き、これも個性的な音造りで知られるロイ・トーマス・ベーカー(Cars, Foreigner, Journey, Queen等)をプロデューサーに迎えたアルバム。脱退したトム・ピーターソンの後任としてジョン・ブラントが迎えられたが、tr.6〜tr.8を除く8曲でリックがベースをプレイしている。コンパクトにまとめられたロックンロール色の強い楽曲群と、唸りまくるリックの攻撃的なギター、ロビンのシャウト・ヴォーカルが全体のトーンを決定付けており、非常に勢いが感じられるアルバムになっている。現在まで、ライヴにおける重要なレパートリーになっているヒット曲"If You Want My Love"やライヴで長きに亘りプレイされている2ndシングル"She's Tight"、"Looking Out For Number One"等、Cheap Trickらしいポップ・センスが活きた佳曲が揃っている。
(4/17/2015:加筆訂正)
1983
Next Position Please
  Next Position Please
Produced,Engineered&Mixed by Todd Rundgren
* Produced by Cheap Trick and Ian Taylor
1.I Can't Take It
2.Borderline
3.I Don't Love Here Anymore
4.Next Position Please
5.Younger Girls
6.Dancing The Night Away *
7.You Talk Too Much
8.3-D
9.You Say Jump
10.Y.O.Y.O.Y
11.Won't Take No For An Answer
12.Heaven's Falling
13.Invaders Of The Heart
14.Don't Make Our Love A Crime

*"Authorized version"の収録曲は
The Complete Epic Albums Collectionを参照

 2017 Complete paper sleeve collection
(Japanese edition CD only)
1.I Can't Take It
2.Borderline
3.I Don't Love Here Anymore
4.Next Position Please
5.Younger Girls
6.Dancing The Night Away
7.3-D
8.You Say Jump
9.Y.O.Y.O.Y
10.Won't Take No For An Answer
11.Heaven's Falling
12.Invaders Of The Heart
Bonus tracks:
13.Don't Hit Me With Love
14.Dancing The Night Away(Short Version)
15.Up The Creek(Acapella Intro)
16.Up The Creek(7" Version)
17.Don't Make Our Love A Crime(Demo)
18.Twisted Heart
19.Don't Make Our Love A Crime
20.You Talk Too Much
21.Get Ready


  バンドの盟友トッド・ラングレンがプロデューサーを務めた1983年作。Cheap Trickの持つポップ・センスがトッドならではのきらびやかなで抜けの良い音でレコーティングされた、キャッチーな楽曲が揃っている。それまでのCheap Trickとは一線を画すサウンドなのだが、ロビンが単独で書いた傑作"I Can't Take It"や、ライヴのレパートリーとして長きに渡りプレイされる"Borderline" 、陰りのあるメロディが印象的な"I Don't Love Here Anymore"、もの悲しいバラード"Y.O.Y.O.Y"、歌詞が当時の彼らの心情を吐露しているようなアルバム・タイトル曲とソングライティング面で新生面を見せた名曲が多い。Utopiaを想起させるトッド作の"Heaven's Falling"も素晴らしい。レコード会社の意向でシングル用に加えられた"Dancing The Night Away"はアルバムの中で浮いている。
(4/17/2015:加筆訂正)
1985
Standing On The Edge
Standing On The Edge
Produced by Jack Douglas
1.Little Sister
2.Tonight It's You
3.She's Got Motion
4.Love Comes
5.How About You
6.Standing On The Edge
7.This Time Around
8.Rock All Night
9.Cover Girl
10.Wild Wild Women
※2010年Wounded Birdよりリリースされたリマスター
バージョンは、ボーナス・トラックとして"Tonight It's You"
(single version)を収録

 2017 Complete paper sleeve collection
(Japanese edition CD only)
1.Little Sister
2.Tonight It's You
3.She's Got Motion
4.Love Comes
5.How About You
6.Standing On The Edge
7.This Time Around
8.Rock All Night
9.Cover Girl
10.Wild Wild Women
 Bonus tracks:
11.Tonight It's You(single version)
12.Little Sister(Alt.Jack Douglas Mix)
13.She's Got Motion(Alt.Jack Douglas Mix)
14.How About You(Alternate Version)
15.A Place In France
16.Mighty Wing

   「Next Position Please」がセ−ルス面で惨敗。輸入盤裏ジャケットの"Rick Nelson"というミスプリントにも表れているように、 バンドとレーベルの関係が決して良好ではない状況下でリリースされた1985年のアルバム。デビュー・アルバムを手がけたジャック・ダグラスを再び呼び戻したが、ジャックは当時オノ・ヨーコとの間に法的な問題を抱えており、次作「The Doctor」をプロデュースしたトニー・プラットが途中から仕事を引き継いだ。当時流行のアメリカン・ハードロック/ヘヴィ・メタル的な華やかさを加味しつつ、「Next Position Please」では失われていたエッジも取り戻し、シングル・カットされたパワー・バラード"Tonight It's You"は、総合シングル・チャートでトップ50入りを記録。独自性を保ちつつもメインストリームに十分食い込んでいけることを証明した。他にも、"CT節全開"といった感じのロックンロール"Little Sister" "How About You" ヘヴィなバッキングに乗るロビンの張りのあるヴォーカルが映えるアルバム・タイトル曲、高揚感を喚起するメロディを備えた"This Time Around" "Cover Girl"、Robin Zander Bandでライヴで演奏されたこともあるバラード"Love Comes"と、名曲揃い。全10曲中9曲でキーボードを弾き、一部ギターもプレイ。ソングライティングでも全面的に関わったサポートのマーク・ラディスの貢献度の高さも見逃せない。
(4/17/2015:加筆訂正)
1986
The Doctor
The Doctor
Produced by Tony Platt
1.It's Up To You
2.Rearview Mirror Romance
3.The Doctor
4.Are You Lonely Tonight
5.Name Of The Game
6.Kiss Me Red
7.Take Me To The Top
8.Good Girls Go To Heaven(Bad Girls Go Everywhere)
9.Man-U-Lip-U-Lator
10.It's Only Love

※2010年Wounded Birdよりリリースされたリマスター
バージョンは、ボーナス・トラックとして"It's Only Love"
(single version)を収録

2017 Complete paper sleeve collection
(Japanese edition CD only)
 
1.It's Up To You
2.Rearview Mirror Romance
3.The Doctor
4.Are You Lonely Tonight
5.Name Of The Game
6.Kiss Me Red
7.Take Me To The Top
8.Good Girls Go To Heaven(Bad Girls Go Everywhere)
9.Man-U-Lip-U-Lator
10.It's Only Love
 Bonus tracks:
11.In This Country
12.It's Only Love(Single Version)
13.Funk #3
14.Money Is The Route Of All Fun
15.Fortune Cookie(Demo)

  「Standing On The Edge」でミキサーを務めていたトニー・プラットをプロデューサーに迎え、イギリスでレコーディングされた作品。CTの失敗作というとまず名前の挙がってくることが多いアルバムだが、問題なのはアレンジ面であり、楽曲そのもののクオリティは総じて高い。低音の軽さが気になった「Standing On The Edge」の反動が出たのか、シ−クエンサー/キーボードを多用。バンドらしさは重厚な音像の中消失してしまっているが、メロディが全編明快でキャッチーな為、以外にメリハリのあるアルバムという印象を与える。そのポジティヴな歌詞と併せて何ともいえない高揚感を与えてくれる"It's Up To You"  CTならではの秀逸なメロディ・センスが発揮された"Rearview Mirror Romance"  リックのアグレッシヴなギター・プレイが印象的なアルバム・タイトル・トラック。ポップな"It's Only Love"と"Are You Lonely Tonight" ビリー・スタインバーグとトム・ケリーのコンビによって書かれた"Kiss Me Red"も秀作だ。後に日本公演で演奏され、「Silver」でも取上げられた"Take Me To The Top"は数あるCTのバラ−ドの中でも最高傑作の1曲。
(4/17/2015:加筆訂正)
Album part 3
Through The Night



SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送