Through The Night > Discography > Other CT related works:60's to 80's
Other CT related works: 60's to 80's
CTのメンバ−がゲスト参加した他ア−ティストのアルバム
&CTが正式にリリ−スしていない楽曲をレコ−ディングしたア−ティスト
1967 / 1978 / 1980 / 1986 / 1988 / 1989
1967
The Yardbirds/Little Games The Yardbirds/Little Games
1.Little Games
2.Smile On Me
3.White Summer
4.Tinker, Tailor, Soldier, Sailor
5.Glimpses
6.Drinking Muddy Water
7.No Excess Baggage
8.Stealing Stealing
9.Only The Black Rose
10.Little Soldier Boy
Additional Studio Recordings 1967-1968
11.Puzzles(1991 US Strero Mix)
12.I Remember The Night
(1991 US Stereo Mix)
13.Ha ha Said The Clown
*Rick on organ
14.Tin Little Indians(1991 US Stereo Mix)
15.Goodnight Sweet Josephine
(Version 1-Unphased Version)
16.Think About It
17.Goodnight Sweet Josephine
(Phased [US Single] Version)

  ジミー・ペイジが参加したYardbirds唯一のスタジオ・アルバム。1967年6月13日に、ニューヨークのColombia Studiosでバッキング・トラックがレコーディングされ、翌月にアメリカでシングル・カットされた"Ha Ha Said The Clown"において、当時様々なセッションに参加したというリックがオルガンをプレイしている。メロトロンをプレイしたという情報もあるが、リック本人曰くメロトロンを入手したのは1968年だそうなので、オルガンで間違いないと思われる。
1970
Mecki Mark Men/Marathon Mecki Mark Men/Marathon
1.I Got No Money
2.Ragathon(part.1)
3.Set On The Street
4.Can't Make It Without You
5.Got Together
6.Trip, Trip Toodle
7.Mastrand
8.Juana, Juana
9.Some Reazon
10.Marathon
11.Ragathon(part.2)
bonus track:
12.Juana, Juana(alt.end)

  スウェーデン初のプログレッシヴ・ロック・バンドとして知られるバンドの3rdアルバム。1970年の夏にシカゴでレコーディングされている。リック自身が、メロトロンをプレイしてアルバムにクレジットされた唯一のバンドがMecki Mark Menと発言している。※私の所有している輸入盤CDのブックレットには、リックの名前は見当たらない。
1978
Alice Cooper/From The Inside
Alice Cooper/From The Inside
Produced David Foster
1.From The Inside
2.Wish I Were Born In Beverly Hills
3.The Quiet Room
4.Nurse Rozetta
5.Millie And Billie
6.Serious *Rick
7.
How You Gonna See Me Cry
8.For Veronica's Sake
9.Jackknife Johnny
10.Inmates(We're All Crazy)

  アリス・ク−パ−のアルコ−ル中毒が深刻な時期につくられた作品であるが、ディヴィッド・フォスタ−による洗練されたアレンジが施された楽曲群は驚くほどメロディアスでポップ。それを全く感じさせない。アルバム自体はヒットしなかったが、シングルカットされたバラ−ドの"How You Gonna See Me Cry"が大ヒットした。リックが軽快なハ−ドロック・チュ−ン"Serious"で"らしい"ギタ−プレイを聴かせている。
Rick Derringer/Guitars And Women
Rick Derringer/Guitars And Women
  
Produced by Todd Rundgren and Rick Derringer
Produced by Rick Derringer
1.Something Warm
2.Guitars And Women
3.Everything
4.Man In The Middle
5.It Must Be Love
*written by Rick Nielsen

6.Desires Of The Heart
7.Timeless
8.Hopeless Romantic
9.Need A Little Girl(Just Like You)
*written by Rick Nielsen

10.Don't Ever Say Goodbye
Bonus tracks:
11.Let The Music Play
12.Runaway

  これは"隠れた名盤"といえる作品。プロデュ−サ−にトッド・ラングレン、バックにカシム・サルトン、ロジャ−・パウエル、ジョン・ウィルコックスとくれば当然サウンドの"Utopia化"は避けられないのだが、流石はリック・デリンジャ−。彼のソングライティング、ギタ−とヴォ−カルのセンスはこのワクの中でも眩いばかりの光を放っており、他の多くのトッド・プロデュ−ス作品の様に主役の個性が埋没することなく、"Utopiaサウンド"との絶妙な調和をみせている。ポップな佳曲がずらりと軒を揃える中、ヘヴィにロックしたリック・ニ−ルセン作の2曲"It Must Be Love"と"Need A Little Girl"がアルバムに緊張感を加味している。CTバ−ジョンの"Need A Little Girl"は、Bun E's Basement BootlegsのVol.3でライヴ・バ−ジョンを聴くことができる。
Hall&Oates/Along The Red Ledge
Daryl Hall John Oates
/Along The Red Ledge

Produced by David Foster
1.It's A Laugh
2.Melody For A Memory
3.The Last Time
4.I Don't Wanna Lose You
5.Have I Been Away Too Long
6.Alley Katz *Rick
7.Don't Blame It On Love
8.Serious Music
9.Pleasure Beach
10.August Day

 重苦しく暗い空気が全編を支配していた前作スタジオ・アルバム「Beauty On A Back Street」(1977)から一転。本作では名プロデュ−サ−・ディヴィッド・フォスタ−を迎え、LPでいうA面にポップな曲、B面にハ−ドでロックした曲を集めるというコンセプチュアルな構成のもと、多彩な楽曲を提示してみせる。Hall&Oatesのキャリアにおいては過渡期にあたるアルバムであるが、ロバ−ト・フリップ(King Crimson)、ジェイ・グレイドン、ジョ−ジ・ハリスン、スティ−ヴ・ルカサ−とスティ−ヴ・ポ−カロ(TOTO)、トッド・ラングレンと超豪華ゲストを迎え磨き上げた楽曲群には隙が無く、クオリティは非常に高い。リックはアルバム中最もアグレッシヴな"Alley Katz"で鋭いギタ−・プレイを披露している。"Don't Blame It On Love"はCTのレコ−ディングした曲にも同名のものがあるが、これはダリルとジョンの共作した全く別の曲。
Gene Simmons/Gene Simmons
Gene Simmons/Gene Simmons
Produced by Sean Delaney & Gene Simmons
 
 
1.Radioactive
2.Burning Up With Fever
3.See You Tonite
4.Tunnel Of Love
5.True Confessions
6.Living In Sin
7.Always Near You/Nowhere To Hide
8.Man Of 1000 Faces
9.Mr. Make Believe
10.See You In Your Dreams *Rick
11.When You Wish Upon A Star

  Kissのベ−シスト/ヴォ−カリスト、ジ−ン・シモンズのソロ・アルバムは彼のル−ツと音楽性の幅広さを見せつけた、その無機質なジャケットからは想像もつかないほどバラエティに富んだ快作となった。ジェフ・バクスタ−、ジョ−・ペリ−(Aerosmith)、リッチ−・ラノ(Starz)、ボブ・シ−ガ−、シェ−ル、ジャニス・イアン、ヘレン・レディと多くのゲストを贅沢に配したアレンジはジ−ンの面目躍如たるものであるが、これだけ凝った音を聴かせながらも、全編通してまずジ−ンのキャラクタ−がくっきり浮かび上がってくるのは流石である。リックはストレ−トなロック・チュ−ン"See You In Your Dreams"で良い仕事をしているが「ギャラはもらえなかった」(リック談)そう。
1980
Screaming Lord Sutch - Alive And Well Screaming Lord Sutch
/Alive And Well
1.Boney Maroney
2.We're Only Here For The Blood
3.Bye Bye Johnny
4Medley:Jenny Jenny/
Keep'A Knockin'
5.Murder In The Peep Show
6.Hog For You Baby(Leiber & Stoller)
7.Don't Ya Just Know It
8.Wild Thing/
9.Rock With Me
10. Disco Crusher
11.Travers Blues
*Rick on guitar 
  イギリスのロック・シンガー、政治家スクリーミング・ロード・サッチの1980年作。ロード・サッチのパワフルな声質、歌唱を活かした、ストレートなロック・チューンが軒を並べたアルバム。ドイツのハンブルク録音。ハーバート・ベーメ、ティム・グリーンと共にプロデュースを担当したコリン・ソルマンの記述によれば、Cheap TrickがハンブルクのStar Clubでライブをしていた際にリック・ニールセンに連絡をとり、ギターをプレイしてもらったとのこと。リックはアルバムの殆どの曲でプレイしているとコリンは語っている
(10/3/2018)
1986
Rebbie Jackson
Rebbie Jackson/Reaction
  
1.Reaction
2.Ain't No Way To Love
3.Ticket To Love
4.You Don't Know What You're Missing
5.You Send The Rain Away *Robin
6.If You Don't Call(You Don't Care)
7.Always Waiting Something
8.Tonight I'm Yours
9.Lessons(In The Fine Art Of Love)

  ジャクソン・ファミリ−の長女、リビ−・ジャクソンの2ndソロ・アルバム。私の所有している日本盤CD(CBSソニ−)はブックレットが破損しており、参加ミュ−ジシャン等の詳細が全くわからないので、ネット上を検索していろいろ調べたのですが、結局わかりませんでした。内容はいかにも80年代的な、シンセサイザ−を駆使したポップ・ソウル作。リビ−とロビンのデュエットした美しいバラ−ド"You Send The Rain Away"が傑出した出来。
1988
Y KANT TORI READ Y KANT TORI READ
produced by Joe Chiccarelli
1.The Big Picture
2.Cool On Your Island
3.Fayth
4.Fire On The Side
5.Pirates
6.Floating City
7.Heart Attack At 23
8.On The Boundary
9.You Go To My Head
10.Etienne Trilogy
The Highlands
Etienne
Skyeboat Song

*Rick and Robin on background vocals

 1990年代にソロ・アーティストとして成功するトーリ・エイモスが、80年代に組んでいたバンドによる唯一のアルバム。全編でキーボード、プログラミングをフィーチュアしたきらびやかなサウンドのポップ/ロックで、特徴的な声を持つトーリの艶やかなヴォーカルが強い印象を残す。法律的な問題で名前を変えたロビン(Zobbin Rander)とリック(Rick Nelson)がバックグラウンド・ヴォーカルで参加。曲毎のクレジットの記述がなく、どの曲で2人が歌っているのかはっきりしないのだが、サビで男性の多声コーラスが使われているアップ・テンポの"Fayth"で参加している可能性が高い
(2/2/2016)
1989
LA Guns/Cocked And Loaded LA Guns/Cocked And Loaded
Produced by Duane Baron: John Purdell and Tom Werman
1.Letting Go
2.Slap In The Face
3.Rip And Tear
4.Sleazy Come Eazy Go
5.Never Enough
6.Mararia
7.The Ballad Of Jane
8.Magdalaine
9.Give A Little
10.I'm Addicted
11.17 Crash
12.Showdown(Riot on sunset)
13.Wheels Of Fire
14.I Wanna Be Your Man
Bonus tracks only for Japanese edition:
15.Rock Candy
16.No Mercy[live version]

*Rick and Robin on background vocals

   "The Ballad Of Jane"がTop40ヒットを記録したLA Gunsの2ndアルバム。ロビンとリックが"Sleazy Come Eazy Go"にバックグラウンド・ヴォーカルで参加。
Motley Crue/Dr.Feelgood
Motley Crue/Dr.Feelgood
Produced by Bob Rock
1.T.nT.(Terror'n Tinseltown)
2.Dr.Feelgood
3.Slice Of Your Pie
4.Rattlesnake Shake
5.Kickstart My Heart
6.Without You
7.Same Ol' Situation(S.O.S.)
8.Sticky Sweet
9.She Goes Down *Rick and Robin
10.Don't Go Away Mad(Just Go Away)
11.Time For a Change
Bonus tracks:
12.Dr.Feelgood[demo]
13.Without You[demo]
14.Get It For Free[unrelased track]
Bonus track for Japanese edition:
15.Time For A Change[demo]

   前作「Girls, Girls, Girls」に伴うツア−において破滅寸前にまで行き着いたMotley Crueが、アルコ−ル、ドラッグ断ちして作り上げた代表作にして最大のヒット作。ソングライティングはもとより、ボブ・ロックをプロデュ−サ−に迎えることによりサウンド面でも大幅にレベル・アップ。Tr.2、5、6、10、7と5曲ものヒット・シングルを生み、アルバム自体も全米チャ−トno.1を記録した。リックとロビンがバックグラウンドVo.でゲスト参加した"She Goes Down"では、中間部でソロでコ−ラスをとるロビンの声がよく聞こえる。
90's
Through The Night



SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送