Through The Night > Discography > Other CT related works:2011〜
Other CT related works: 2011〜
2011 / 2012 / 2013 / 2014 / 2015 / 2016 / 2017
2011
   Buck Satan And
The 666 Shooters
/Bikers Welcome
Ladies Drink Free
1.Quicker Than Liquor
2.Whats Wrong With Me
3.Medication Nation
4.Drug Store Truck Drivin Man
5.The Only Time Im Sober Is When Youre Gone
6.Cheap Wine, Cheap Ramen
  7.Down The Drain
8.Sleepless Nights And Bar Room Fights
9.Friend Of The Devil
10.Ten Long Years In Texas
11.I Hate Every Bone In Your Body Except Mine
12.Take Me Away

  Revolting Cocksの「Cocked and Loaded」(2006)、Ministryの「Cover Up」(2008)アルバムでも共演している、アル・ジュールゲンセン(アコースティック・ギター、バンジョー、マンドリン、ハーモニカ、キーボードほか)が中心となったプロジェクト・バンド。カントリー/ウエスタン・ミュージックを基調にしつつ、打ち込みのデジタル・ビート、へヴィなギターを配したアグレッシヴなロック・アルバムである。リックがギターでゲスト参加。詳細なクレジットがないのでどの曲でプレイしているのか不明だが、ミディアム・テンポの"Take Me Away"の特徴あるサウンドの1stソロは恐らくリックだ。
Foster And Lloyd/It's Already Tomorrow Foster & Lloyd/It's Already Tomorrow
1.It's Already Tomorrow
2.That's What She Said
3.If It Hadn't Been For You
4. Lucky Number
5. Picasso's Mandolin
6.Hidin' Out
7.Just This Once
8.Something 'Bout Forever
9.Can't Make Love Make Sense
10.Hold That Thought
*Tom on guitar

11.Don't Throw It Away
12.Watch Your Movie
13.When I Finally Let You Go

  Cheap Trickとも関わりが深く、3rdソロアルバム「Standing On The Shoulder Of The Giants」(1999)、Swagでトムと共演したビル・ロイドと、ラドニー・フォスターによるデュオの21年ぶりとなる復活作。トムが"Lucky Number"でソングライティングにクレジットされている他、べースを弾き(ビルもべースをプレイ。曲毎のクレジットは書かれていない)、ドライヴするべース・ランが印象的なロック・チューン"Hold That Thought"では何とギターも弾いている。
Glen Campbell/Ghost On The Canvas Glen Campbell/Ghost On The Canvas
1.A Better Place
2.Ghost On The Canvas
3.The Billstown Crossroads
4.A Thousand Lifetimes
5.It's Your Amazing Grace

6.Second Street North
7.In My Arms
8.May 21st, 1969
9.Nothing But The Whole Wide World
10.Wild And Waste
11.Hold On Hope
12.Valley Of The Sun
13.Any Trouble
14.Strong
15.The Rest Is Silence
16.There's No Me...Without You
*Rick on guitar

  アメリカのポップ/カントリー・ミュージック界を代表するシンガーのひとり、グレン・キャンベルの最後のスタジオ・アルバム。Cheap Trickの「The Latest」をプロデュースしたジュリアン・レイモンドがハワード・ウィリングと共同でプロデュースを担当。前作「Meet Glen Campbell」にも参加していたリックがアルバムのラストを締めくくる感動的な"There's No Me...Without You"で、長いギター・ソロ・パートを、ブライアン・セッツアー、ビリー・コーガン、マーティ・リフキンといった等と分けあっている。
Farmer Jason And Buddies  Farmer Jason And Buddies
/Nature Jams
 
1.Nature Jams
2.Can You Canoe
3.Take a Hike
4.Well Oh Whale
5.Meadowlark in Central Park
6.Bayou Boogie
7.Prairie Riddles
8.Buffalo or Bison?
(featuring Webb Wilder)
9.Dison the Bison (featuring Webb Wilder)
10.Spelunker (featuring Tom Petersson)
11.The Glacier
12.Manatee (featuring Tommy Ramone)
13.No Place Like the Woods (featuring Victor Wooten)
14.The Moose Lives Where? (featuring Todd Snider)
15.Have You Ever
16.Skating Along
(featuring Kristi Rose/Addie Ringenberg)

  Jason and The Scorchersのジェイソン・リンゲンバーグが、ファーマー・ジェイソンと称し、マイク・ミルズ(ex.REM)、スージー・ボガス、 ウェブ・ワイルダー、トミー・ラモーン、ハンク・ウイリアムスVといった仲間達と共に作った子供向け音楽のアルバム。"Spelunker"(洞窟探検家)でトムがゲスト参加し、Cheap Trickのアルバムで聴くのと同様のへヴィな12弦べースを聴かせてくれる。"Spelunker"でヴォーカルを担当しているのはジェイソンとルーシー・フォスター。"デラックス・エディション"に収められたDVDには"Spelunker"を含む4曲のプロモ・ビデオを収録。洞窟の中で楽しげに演奏するトムの姿を見ることができる。
2012
Greg Billings Band/Built 4 Love Greg Billings Band/Built 4 Love
produced by George Harris
1.I Need Love
2.Resque Me
3.Soulshine
4.No Sauce Needed
5.Thank You For Loving Me
*Robin on backing vocal
6.Built 4 Love
7.Can't No Grave
8.Have A Good Time
9.Hold On

  70年代から活動を続けるヴェテラン・グレッグ・ビリングスがフロントマンを務めるバンドの、「Do Over」(2008)に続く恐らく2ndフル・アルバム。ミディアム・テンポの"Thank You For Loving Me"は、ロビンとロビンの娘さんセイラーがバッキング・ヴォーカルに参加。同曲ではAC/DCのブライアン・ジョンソンがリード・ヴォーカルをグレッグと分け合い、パッキング・ヴォーカルにも参加している。オープニング・トラックの"I Need Love"はCheap Trickの未発表曲(「Found All The Parts」セッション時のアウトテイク)のカヴァー。グレッグのソウルフルなヴォーカルをフィーチュアした、AOR的要素もあるミディアム〜スロウ・テンポの名曲・佳曲が揃ったロック・アルバムだ
(1/3/2017)
 
Jack Blades/Rock'n Roll Ride Jack Blades/Rock n' Roll Ride
 
1.Back In The Game
2.Rock N Roll Ride
3.Hardest Word To Say
4.Anything For You
*Robin on vocal and songwriting

5.Love Life
 6.West Hollywood
7.Born For This
8.Don't Give Up
9.Say You Will
10.Rise And Shine

  ジャック・ブレイズ(Rubicon、Night Ranger、Shaw/Blades etc.)の2ndソロ・アルバム。ロビンが叙情的なロッカ・バラード"Anything For You"をジャックと共作し、コーラス・ハーモニーも担当。途中ロビンがソロでコーラスを歌うパートもあり。またエンハンスド・トラックとして収録されたジャックのインタビュー映像で、ジャックがロビンについて触れている。
 
Joey Ramone/Ya Know? Joey Ramone/Ya Know?
1. Rock 'N Roll Is The Answer
2. Going Nowhere Fast
3. New York City
4. Waiting For That Railroad
5. I Couldn't Sleep
6. What Did I Do To Deserve You?
7. Seven Days Of Gloom
8. Eyes Of Green
9. Party Line
10. Merry Christmas (I Don't Want To Fight Tonight)
11. 21st Century Girl
12. There's Got To Be More To Life
13. Make Me Tremble
14. Cabin Fever
15. Life's A Gas
*Bun E. on drums(traps)

  2001年に亡くなったRamonesのヴォーカリスト・ジョーイ・ラモーンが生前残した未発表曲のデモに、多くのミュージシャンがオーバーダヴを加えて完成させた2ndソロアルバム。ロッカ・バラード"Waiting For That Railroad" ミディアム・テンポの"Eyes Of Green" "Seven Days Of Groom"でバーニーがドラムスをプレイ。バーニーの担当楽器は"traps"とクレジットされている。
Mauro & Briana/4 Corners Of Sweet Hell Mauro & Briana
/4 Corners Of Sweet Hell

produced by Mauro Magellan
1.Good,Good,Girl
2.Hard Earned
3.Thinkin' 'bout You
* Bun E. on drums

4.Angel In Disguise
5.She Ain't Ugly Enough
6.Rightside Down
7.Paint Me
8.Bye,Bye,Bye Blues
9.Falling
10.Forgettable

  1985年から1990年までGeorgia Satellitesに在籍したドラマー、マウロ・マゼランが、カントリー/アメリカーナ系のシンガー・ソングライター、ブリアナ・ハーディマンと組んでデュオとしてリリースしたアルバム。リード・シンガーにステイシー・コリンズを迎えたブルース・ロック"Thinkin' bout You"でバーニーがドラムスを担当。アルバムのジャケット裏に"Drum Fight! featuring Mauro Magellan & Bun E. Carlos"と書いてあるように、この曲ではマウロとバーニーのドラム・バトルも聴くことができる
(5/7/2016)
2013
Five Horse Johnson/The Taking Of The Black Heart Five Horse Johnson
/The Taking Of The Black Heart
1.The Job
2.Keep On Diggin'
3.Black Heart Baby
4.Mexico
5.Beating In My Hand
6.Quick On The Trigger
7.Smash & Grab
8.Hangin' Tree
9.You're My Girl
*Robin on vocal

10.Shoot My Way Out
11.Die In The River

  オハイオ州出身のブルーズ・ロック・バンド通算9枚めのアルバム。ブルーズを基調に、サザン・ロック的な乾いた骨太なギター・リフも備えたへヴィ・ロックで、メロウに傾かず徹頭徹尾タフな音を響かせる。アルバム中最もキャッチーな"You're My Girl"でロビンがアグレッシヴなシャウト・ヴォーカルを披露。
Donovan/Shadows Of Blue Donovan/Shadows Of Blue
1.Blue Jean Angel
2.Resurrect Your Love
3.To Love You
4.River Of Ruin
5.Shadows Of Blue
6.Rock & Roll Gypsy
7.The Loving Of You
8.The Blame Game
9.The Harmonica Girl

10.The Bungalow
* Tom on bass

  60年代に"Mellow Yellow" "Sunshine Superman"等の大ヒットを飛ばしたスコットランド出身のシンガー・ソングライター。トムの地元ナッシュビルで録音されたカントリー/フォーク・ミュージックのアルバムで、トムがアルバム中7曲でベースを弾いている。ドノヴァンのハスキーで渋みのある歌声をフィーチュアした穏やかな音楽のため、トムのベースもCheap Trickで聴けるようなへヴィなプレイは抑えているが、ロック色の濃い"The Blame Game" "The Bungalow"等でははっきりトムと分かる骨太のベース・サウンドを聴かせてくれる
※このアルバムはドノヴァンのオフィシャル・ストアにてmp3ファイルをダウンロード購入できます
Red Dragon Cartel Red Dragon Cartel
1. Deceived
2. Shout It Out
3. Feeder (featuring Robin Zander)
4. Fall From The Sky (Seagull)
5. Wasted (featuring Paul Di'Anno)
6. Slave
7. Big Mouth (featuring Maria Brink)
8. War Machine
9. Redeem Me (featuring Sass Jordan)
10. Exquisite Tenderness
11.Feeder(acoustic version)
*Japanese edition bonus track

  ジェイク・E・ リー(g)を中心に、ダレン・スミス(vo)、ロニー・マンキューソ(b)、ヨナス・フェアリー(dr)が在籍するバンドのデビュー・アルバム。ロビン・ザンダーとトム・ピーターソンがソングライティングで手を貸し、レコーディングにも参加した"Feeder"を収録。ジェイクが在籍したオジー・オズポーン・バンド時代も想起させるヘヴィ・メタリックなギターをフィーチュアしたハード・ロック・チューンが軒を並べる中、アルバムのリーダー・トラックにもなった"Feeder "のメロディ・センスは際立っている。Cheap Trickで聴けないロビンのドラマティックな歌唱、トムの重厚なフレーズもジェイクのギターと絶妙にマッチング。日本盤CDのボーナス・トラックとして収録された"Feeder "のアコースティック・バージョンはダレン・スミスがヴォーカルを担当。
(1/2/2014)

2014
Foo Fighters/Sonic Highways Foo Fighters/Sonic Highways
1.Something From Nothing
*Rick on guitar

2.The Feast and The Famine
3.Congregation
4. What Did I Do/God As My Witness
5.Outside
6.In TheClear
7.Subterranean
8.I Am A River

  バンドのフロントマン・デイヴ・グロールとブッチ・ウィグの共同プロデュースで製作された通算8枚めのアルバム。全米8都市で、その都市を代表する多くのミュージシャン達をゲストに迎えてレコーディングされ、デイヴが監督を務める同タイトルのドキュメンタリー映画も製作された。リックが、スティーヴ・アルビニが所有するシカゴのエレクトリカル・オーディオ・スタジオでレコーディングされた"Something From Nothing"にギターで参加。ブックレットのクレジットには"baritone guitar"と記載されている。
(11/15/2014)
Miles Nielsen & The Rusted Hearts/Rockford Miles Nielsen
& The Rusted Hearts
/Live In Rockford
1.Skicat(Intro)
2.Baby Blue
3.Cold War
4.Sink Or Swim
5.The Story Of Tokyo
6.Tokyo
7.Best I Can
8.Ten Feet Tall
9.Hey Hey Hey
(featuring Daxx & Rick Nielsen)

10.Maria
11.Dear Kentucky(You're Killing Me)
12.The Grain
13.Soul Bash
14.Surrender

  リックの息子マイルスが結成したバンドThe Rusted Heartsが2014年11月28日にロックフォードのVeterans Memorial Hallで行ったライヴを録音したアルバム。2011年にリリースしたRusted Heartsの1stアルバムから6曲、新曲が6曲に加え、バラード調にアレンジしたCheap Trickのカヴァー"Surrender"もプレイ。ブルージーなハード・ロック・チューン"Hey Hey Hey"でリックとダックス・ニールセンをゲストに迎えている。リックは中間部で長いギター・ソロを披露。リックらしいキャッチーで特徴的なフレーズを聴かせてくれる。
(5/7/2016)
 
No Image Shawn K. Clement
/Worriors Hymn

  ハリウッドの作曲家ショーン・K・クレメントが作曲。YESのジョン・アンダーソンが歌詞を書いた、戦傷者に捧げられたロック・アンセム。2011年の6月に、ジョンがリード・ヴォーカルを務めたオーケストラによる公演が行われたが、正規レコーディングはされず3年の月日を経て、ロビンをリード・ヴォーカルに迎えたスタジオ・バージョンがリリースされた。オペラティックで伸びやかなロビンの珍しい歌唱法と声を聴くことができる
(7/17/2015)
2015
Bill Lloyd/Yesterday b/w Miracle Mile Bill Lloyd
/Yesterday b/w Miracle Mile
 
1.Yesterday
*Tom on bass

2.Miracle Mile
 3.Frank
4.It's Happening Now
5.Today's Soundtrack

Swagでトムと共演。Foster&Lloydでの活動でも知られるビル・ロイドのシングルCD "Yesterday"と"Miracle Mile"が2015年に録音された新曲。3〜5曲目はボーナストラックで、1998年と2000年に録音されている。ビルの真骨頂といえる、Beatles風味を持ったキャッチーなロック・チューン"Yesterday"にトムがゲスト参加。ベース以外の全てのパートをビルが演奏し、歌っている
(5/30/2017)
 
Chip Z'nuff/Strange Time Chip Z'nuff/Strange Time

1. Sunshine
2. Rockstar
3. Strange Time
4. Dragonfly
5. Still Love Your Face
6. F..Mary..Kill
7. Anna Nichole
8. Strike Three
9. Hello To The Drugs
10. All Day And All Of The Night
feat.Robin Zander and Steven Adler

Bonus EP With Steven Adler:
11. My Town (Bonus Track)
12. Yesterday (Another Wasted Day)
(Bonus Track)
13. The Game (Bonus Track)
14. Tonight We Meet (And Now We're Going To F***)
(Bonus Track)
15. The Pain Is All on You (Bonus Track)

  プロデューサーにブレンダン・ジェフリー、ジョニーK("Rockstar")、リック・ルービン("Strange Time")、ソングライターにトレント・レズナー("Strange Time")と多彩なメンバーを迎え、ロンドンのアビーロード・スタジオとシカゴのレコーディング・カンパニーでレコーディングされたEnuff Z'nuffのベーシスト・チップ・ズナフ初のソロ・アルバム。ボーナス・トラックとして収録されている11曲めから15曲目は、チップとスティーヴン・アドラーのコラボレーション「Steven Adler & Chip Z'nuff」の楽曲で、"Tonight We Meet (And Now We're Going To F***)"にはスラッシュとデイル・ボジオがゲスト参加。Beatles、Steve Miller Band、オルタナティヴ・ロック、サイケデリック・ロック等、全編でチップが影響を受けた音楽の要素を明確に(時に有名曲のメロディを引用し)表現している。ややインダストリアル調にアレンジされたThe Kinksのカヴァー"All Day And All Of The Night"にロビンがゲスト参加。ヴォーカルを担当していると思われるが、ロビンの声はあまり聴こえない
(2/4/2015)
Smashing Pumpkins/Rock The Riviera Smashing Pumpkins
/Rock The Riviera
1.Tonight Tonight
2.Jellybelly
3.Zero
4.Today
5.Disarm
6.Fuck You
7.Thru The Eyes Of Ruby
8.Geek USA
9.Porcelina Of The Vast Oceans
10.Bullet With Butterfly Wings
11.Cherub Rock
12.Mayonaise
13.X.Y.U.
14.Baby Loves To Rock
15.If You Want My Love
16.Auf Wiedersehen

  Smashing Pumpkinsが、シカゴのRiviera Theaterで行ったライヴを、ラジオ局WXRT-FMが放送用に録音した音源。3rdアルバム「Mellon Collie & The Infinite Sadness」のリリースを翌日に控え、同アルバムの楽曲をフィーチュアしたセット・リストになっている。この日オープニング・アクトとして出演したCheap Trickがアンコールでゲスト出演し、"Baby Loves To Rock" "If You Want My Love" "Auf Wiedersehen"とCheap Trickの曲を3曲Smashing Pumpkinsと共演。リード・ヴォーカルは全てロビンで、リックのギターもよく聴こえる。スマパンにCheap Trickがゲスト参加しているというよりは、Cheap Trickのライヴをスマパンがサポートしているという感じ。重厚で迫力のある音で、Cheap Trickの代表曲を楽しめる。
(10/7/2015)
2016
The Greg Billings band/BOOM BOOM All Night The Greg Billings Band
/BOOM BOOM All Night
produced by The Greg Billings Band
1.Together,We Got Soul
2.Fast Train
3.Heart Of The Matter(live)
4.Old Friends Don't Come Easy
(feat.Brain Johnson)
5.BOOM BOOM All Night
6.Everytime I Roll The Dice
7.When The Night Comes Down
(feat.Robin Zander)
*Robin on vocal

8.House Party
9.Clark Kent - Superman
10.Can't No Grave(live)

  グレッグ・ビリングスを中心とした6人組ロック・バンド。前作「Built 4 Love」に続き、ロビンが、AC/DCのブライアン・ジョンソンと共に再びゲスト参加。ロビンは、娘さんのセイラーとともに、ブライアンがリード・ヴォーカルでフィーチュアされたサザン・ロック風の"Old Friends Don't Come Easy"でバッキング・ヴォーカルを担当。また、バラード"When The Night Comes Down"でグレッグとリード・ヴォーカルを分け合っている。これまでのアルバム同様、土着的なアメリカン・ロックを基調にしながら適度に洗練されたサウンドでとても聴きやすい音楽性だ。ソウルフルなグレッグのヴォーカルと、ロビンのヴォーカルの相性も良い。
(1/3/2017)
Lita Ford/Time Capsule Lita Ford/Time Capsule
produced by Lita Ford
1.Intro
2.Where Will I Find My Heart Tonight
3.Killing Kind
*Robin on backing vocal

4.War Of The Angels
5.Black Leather Heart
6.Rotten To The Core
7.Little Wing
8.On The Fast Track
9.King Of The Wild Wind
10.Mr. Corruption
11.Anything For The Thrill

  リタ・フォードが保管していた24トラックのアナログ・テープを元に、ビリー・シーン、ジーン・シモンズ、ジェフ・スコット・ソート、デイヴ・ナヴァロ等ゲストを多数迎えてレコーディングされた、80年代ハード・ロックへのオマージュが込められたアルバム。ミディアム・テンポのメロディアスなHRチューン"Killing Kind"でリックとロビンがパッキング・ヴォーカルを担当している
(4/18/2016)
Miles Nielsen/ Heavy Metal Miles Nielsen
& The Rusted Hearts
/Heavy Metal

produced by Duane Lundy with Miles Nielsen
and The Rusted Hearts
1.Heavy Metal
*Daxx on Piano
2.Is This Life
*Daxx on percussion
3.Simple Times
4.Tongue Tied
5.Honeybee
6.Strangers
7.This Is Love
8.Sarah
*Rick on guitar
9.Preacher Man
10.Shine Your Light

  リックの息子マイルスがMiles Nielsen And The Rusted Hearts名義でリリースした、5年ぶりの2ndアルバム。1stアルバム同様、マイルスのハスキー・ボイスを活かした枯れた味わいのルーツ・ロック。土着的なだけでなく、適度に洗練されメロディはキャッチーさを備えている。タイトル・トラックでダックスが軽快なピアノを、また"Is This Life"でパーカッションをプレイ。リックが"Sarah"でギター・ソロをプレイしている。
(5/7/2016)
2017
Steel Panther/Lower The bar Steel Panther/Lower The Bar
produced by Jay Ruston and Steel Panther
1.Goin' In The Backdoor
2.Anything Goes
3.Poontang Boomerang
4. That's When You Came In
5.Wrong Side Of The Track
(Out In Beverly Hills)
6.Now the Fun Starts
7.Pussy Ain't Free
8.Wasted Too Much Time
9.I Got What You Want
10. Walk Of Shame
11.She's Tight(featuring Robin Zander)
12.Red Headed Step Child
13.Momentary Epiphany
Japanese Edition Bonus Track:
14.Gloryhole(live from Wacken 2016)

  ロサンゼルス出身の、4人組ヘヴィ・メタル・バンドによる4thアルバム。原曲にほぼ忠実なアレンジでカヴァーされた「One On One」アルバム収録の"She's Tight"にロビンがゲスト参加し、コーラス・パートを歌っている(アルバムのクレジットには何故かロビンの名前はなし) オールド・スクールのHR/HMの影響が色濃いSteel Pantherのキャラクターに、"She's Tight"の世界観はぴったりマッチ。なお、"She's Tightはアルバムのリーダー・トラックとして2016年秋にリリースされ、ロビンは同曲のプロモーション・ビデオにも出演している
(4/28/2017)
Through The Night



SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー