Through The Night > Discography > Soundtrack albums
Soundtrack albums
1979 / 1980 / 1981 / 1983 / 1984 / 1986 / 1987 / 1988 / 1989
1992 / 1993 / 1997 / 1998 / 1999 / 2003 / 2004 / 2006 /
2009 / 2013 / 2017
1979
No Image
Over the Edge
1.Surrender / Cheap Trick
2.
2.My Best Friend's Girl
/ The Cars
 3.You Really Got Me / Van Halen
4.Speak Now or Forever Hold Your Peace
/ Cheap Trick

5.Come On, Pt. 1 / Jimi Hendrix
6.Just What I Needed / The Cars
7.Hello There / Cheap Trick
8.Teenage Lobotomy / Ramones
9.Downed / Cheap Trick
10.All That You Dream / Little Feat
11.Ooh Child / Valerie Carter
1980
No Image Roadie
*Everything Works If You Let It / Cheap Trick
1981
Heavy Metal
Heavy Metal
Album executive producer: Irving Azoff
1.Heavy Metal / Sammy Hagar
2.Heartbeat / Riggs
3.Working In A Coal Mine / Devo
4.Veteran Of The Psychic W
ars
/ Blue Oyster Cult
5.Reach Out / Cheap Trick
6.Heavy Metal(Takin' A Ride)
/ Don Felder
7.True Companion / Donald Fagen
8.Crazy(A Suitable Case For Treatment)
/ Nazareth
9.Rader Rider / Riggs
10.Open Arms / Journey
11.Queen Bee / Grand Funk Railroad
12.I Must Be Dreamin' / Cheap Trick
13
13.The Mob Rules / Black Sabbath
14.All Of You / Don Felder
15. Prefabricated / Trust
16.Blue Lamp / Stevie Nicks

  カナダ/アメリカ合作のアニメ映画のサウンドトラック・アルバム。Eaglesのギタリスト、ドン・フェルダ−の"Heavy Metal(Takin' A Ride)がシングル・カットされヒットした。ハ−ド・ロック勢が中心の中、Steely Danのドナルド・フェイゲン、Fleetwood Macのスティ−ヴィ−・ニックス、Devo等の大物も混ざっているのがポイント。トム脱退後、臨時メンバ−として加入したピ−タ−・コミッタがソングライトした"Reach Out"はキ−ボ−ドを大フィ−チュアしたハ−ド・ポップで、CTらしさは感じられないものの曲そのものの出来は素晴らしい。CTのライヴにおけるオ−プニングS.E.として有名な"I Must Be Dreaming"(リック作)も、いかにもサントラ用といったきらびやかなアレンジが印象的。
No Image Rock N' Rule
*I'm The Man
*Born To Raise Hell
*Ohm Sweet Ohm
*Send Love Thru / Cheap Trick
1983
No Image Spring Break
*Spring Break / Cheap Trick
1984
No Image
Up The Creek
1. Up the Creek / Cheap Trick
2.Heat / Randy Bishop
3.30 Days in the Hole
/ Humble Pie
 4.Great Expectations
(You Never Know What To)
/ Ian Hunter
5.Chasin' the Sky

6.Get Ready Boy / Shooting Star
 7.Passion in the Dark (One Track Heart)
/ Danny Spanos
8.Take It
9.Two Hearts on the Loose
10.Get Ready Boy
1986
Top Gun
Top Gun
1.Danger Zone / Kenny Loggins
2.Mighty Wings / Cheap Trick
3.Playing With The Boys
/ Kenny Loggins
4.Lead Me On / Teena Marie
5.Take My Breath Away / Berlin
6.Hot Summer Nights / Miami Sound Machine
7.Heaven In Your Eyes / Loverboy
8.Through The Fire / Larry Greene
9.Destination Unknown / Marietta
10.Top Gun Anthem
/ Haorld Faltermeyer&Steve Stevens

  トム・クル−ズ主演の大ヒット映画のサウンドトラック・アルバム。No.1ヒットを記録したBerlinの"Take My Breath Away"をはじめ、Tr.1、3、7と多くのヒットシングルを生んだ。CTが提供した"Mighty Wings"は、「The Doctor」に通じるシンセ/キ−ボ−ドを大フィ−チュアした、バンドらしさが全く感じられない平凡な曲で、Bun Eとジョンにいたってはどこに居るのかさえわからない。

※ボ−ナス・トラックを収録したリマスタ−盤CDも発売されています。
1987

Over The Top

Over The Top
Produced by Giorgio Moroder
* Produced by
Giorgio Moroder, Sammy Hagar and Edward Van Halen
** Produced by
Giorgio Moroder and Richie Zito
*** Produced by
Frank Stallone, Peter Schlessand Giorgio Moroder
1.Winner Takes It All
/ Sammy Hagar *
2.In This Country / Robin Zander
3.Take It Higher / Larry Greene
4. All I Need Is You / Big Trouble
5.Bad Night / Frank Stallone ***
6.Meet Me Halfway / Kenny Loggins
7. Gypsy Soul / Asia
8.The Fight/ Giorgio Moroder
9.Mind Over Matter / Larry Greene
10.I Will Be Strong / Eddie Money **

  後に日本ではテレビのF-1中継のテ−マソングとして使われ大ヒット。来日公演でもプレイされたロビンのソロ"In This Country"を収録。ロビンによると「スタジオに入ったときは、エディ・マネ−がこの曲を歌っていた」そう。確かにエディに似合いそうな大らかさを感じさせる曲だが、エディが歌っていたらここまでドラマティックな曲には仕上がらなかっただろう。"In This Country"は、あまり聴くことのできないロビンの力強い、低音を活かした歌唱が印象的な佳曲で、贔屓目を抜きにしてもアルバムの中で突出した出来であるといえる。このサウンドトラック・アルバムからはサミ−・ヘイガ−の"Winner Takes It All"とケニ−・ロギンスの"Meet Me Halfway"がヒットを記録した。
1988
Another Way
Another Way

  
1.Another Way / Jennifer Rush
2.Ocean Battle
3.Stop That Thief / Cheap Trick
4.The Submarine
5.The Berlin Theme
6.Open Up
/ Giorgio Moroder Group featuring Beth Andersen
7.Car Chase
8.Sometimes Sparks Fly
/ Giorgio Moroder Group featuring Beth Andersen
9.Another Way(Instrumental)

  ジョルジオ・モロダ−がプロデュ−ス、作曲を手がけた日本・スイス合作映画のサウンドトラック(原作は西村京太郎)・アルバム。CTが提供した"Stop That Thief"はサントラ用の曲の割には、それもジョルジオ・モロダ−が指揮をとった割には落ち着いた雰囲気の曲だが、その分CTらしさは十分に表現されており、各メンバ−のパフォ−マンスも良い。"Stop That Thief"は日本独自でシングル・カットもされた。
Caddyshack
Caddyshack 2
Executive Soundtrack Producers:
Michael Dilbeck, Peter Guber and Jon Peters
1.Nobody's Fool / Kenny Loggins
2.I Run Right Back / Patty Smyth
3.Power Of Persuasion
/ Pointer Sisters
4.Heart Of Glass
/ Tamara Champlin
5.Turn On(The Beat Box)
/ Earth, Wind & Fire
6.Go For Yours
/ Lisa Lisa And Cult Jam With Full Force
7.Jack Fresh / Full Force
8.Money(That's What I Want) / Cheap Trick
9.One Way Out / Eric Martin
10.A Hole In One / Ira Newborn

   1980年に公開された映画Caddyshack(邦題・ボ−ルズ・ボ−ルズ)のパ−ト2のサウンドトラック・アルバム。国内盤CDの帯には"全曲書き下し"とあるがこれはウソで、CTが提供した"Money(That's What I Want)"は、オリジナルはバレット・ストロングが1960年にヒットさせたモ−タウンのクラシックである。(ただ、CTが影響を受けているのはBeatlesバージョンだと思いますが)  パティ・スマイスの"I Run Right Back"は後にエディ・マネ−も取上げるダイアン・ウォ−レンの曲で、何とリック・オケイセック(The Cars)のプロデュ−ス。名ソングライタ−・チ−ム、クリフ・マグネスとマ−ティン・ペイジが書いたエリック・マ−ティンの"One Way Out"は爽快感に溢れたポップ・ロックで流石といえる出来映え。ケニ−・ロギンスの"Nobody's Fool"は、CTの"The Flame"と同時期に全米シングル・チャートップ10に入る大ヒットを記録。
Tequila Sunrise Tequila Sunrise
Produced by Danny Bramson and Tim Devine
1.Surrender To Me
/ Ann Wilson & Robin Zander

2.Do
You Believe In Shame?
/ Duran Duran
3.Recurring Dream
/ Crowded House
4.Give A Little Love
/ Ziggy Marley And The Melody Makers
5.Don't Worry Baby
/ The Everly Brothers And The Beach Boys
6.Dead On The Money / Andy Taylor
7.Unsubstantiated / The Church
8.Beyond The Sea / Bobby Darin
9.Tequila Dreams
/ Dave Grusin featuring Lee Ritenour
10.Jo Ann's Song
/ Dave Grusin featuring David Sanborn

  Everly BrothersとBeach Boysというベテラン同士の味のあるデュエットに、ボビ−・ダ−リンのクラシック(1960年のTop 10ヒット)、大御所デイヴ・グル−シンによるインストゥルメンタル、Duran Duranに、そのDuran Duranを抜けたアンディ・テイラ−、オ−ストラリアのThe Church、ニュ−ジ−ランドからはCrowded Houseと、時代も国籍もジャンルもバラバラな雑多極まりないサウンドトラック・アルバム。大ヒットしたロビンとHeartのアン・ウイルソンによるデュエット"Surrender To Me"では、思わずさすが!と唸ってしまう2人による熱唱が聞ける。名曲です。  
1989
Say Anything Say Anything
Produced by Danny Bramson, Cameron Crowe
and Jerry Greenberg
1.All For Love / Nancy Wilson
2.Cult Of Personality
/ Living Colour[live]
3.One Big Rush / Joe Satriani
4.You Want It / Cheap Trick
5.Taste The Pain
/ Red Hot Chilli Peppers
6.In Your Eyes / Peter Gabriel
7.Stripped / Depeche Mode
8.Shakin' To The Beat / Fishbone
9.Within Your Reach / The Replacements
10.Keeping The Dream Alive / Freiheit

   ロック・ファンには聴きどころの多い、全体を通して楽しめるサウンドトラック・アルバム。Living Colourの"Cult Of Personality"は、デビュー作からの大ヒット・シングルのライヴ・バ−ジョン。Peter Gabrielの"In Your Eyes"は1986年にTop 40ヒットを記録しているが、このサントラのリリースに際して再びシングルカットされ再ヒットした。Beatlesの影響が色濃いFreiheitのバラ−ド"Keeping The Dream Alive"は'88年にイギリスで大ヒットを記録している。Heartのナンシー・ウイルソンによるバラード"All For Love"とCheap Trickの"You Want It"はリッチー・ズィトーのプロデュース。"All For Love"はHeartの一連のヒット曲と比較しても遜色のない名バラード。「Lap Of Luxury」アルバムのアウトテイク"You Want It"はロビンとトムが共作したCheap Trickらしいポップ・センスに溢れた傑作だ。
(加筆訂正:2/25/2016)
1992
Encino Man
Encino Man
Exectuive Music Producer: Ralph Sall
Associate Music Producer: Peter McCabe
Soundtrack Album Supervisor:
Michael Ross and Rick Ross
1.You're Invited But Your Friend Can't Come
/ Vince Neil
2.Wild Thing / Cheap Trick
3.Stone Cold Crazy
[michael Wagener Remix]/ Queen
4.Mama Said Knock You Out
/ Scatterbrain
5.You Turn Me On
/ Crystal Waters
6.Treaty[Filthy Lucre Radio Mix]
/ Yothu Yindi
7.Feed The Monkey
/ Infectious Grooves
8.Wooly Bully / The Smithereens
9.Frankenstein / The Edgar Winter Group
10.Young And Dumb / The Scream
11.Why'd You Want Me?
/ The Jesus And Mary Chain
12.Get The Hell Out Of Here / Steve Vai
13.Leave Me Curl Alone / Hi-C
14.Luxury Cruiser / T-Ride
15.Cool Hand Loc / Tone Loc

  Motley Crueを抜けたヴィンス・二−ルのソロ曲がアルバムに先駆けて聴けるということで話題になったアルバム。ヴィンスの後釜としてMotley Crueに加入したジョン・コラビのバンドThe Screamも参加しているのがポイント(笑)  全体的に曲のクオリティもバラエティも申し分なく、非常に楽しめるアルバムである。CTによるTroggs大ヒット曲のカヴァ-"Wild Thing"は、ここに参加しているTone Locも演っていた(そして大ヒットした)が、はっきりいってCTバ−ジョンの方が数段優れている。迸るアグレッションにダイナミズム.....CTの数多いカヴァ−曲の中でも傑作のひとつ。
1993
Last Action Hero
Last Action Hero
1.Big Gun / AC/DC
2.What The Hell have I
/ Alice In Chains
3.Angry Again / Megadeth
4.Real World / Queensryche
5.Two Steps Behind / Def Leppard
6.Poison My Eyes / Anthrax
7.Dream On / Aerosmith
8.A Little Bitter / Alice In Chains
9.Cock The Hammer / Cypress Hill
10.Swim / Fishbone
11.Last Action Hero / Tesla
12.Jack And The Ripper
/ Michael Camen & Buckethead
*Rick and Tom
Gladiator
Gladiator
 
  
1.We Will Rock You / Warrant
2.Pride(In The Name Of Love)
/ Clivilles & Cole
3.Hold On Tight / Tony Terry
4.Gradiator / 3rd Bass
5.Latin Till I Die(Oye Como Va)
/ Gerardo
6.For The Love Of Peace / P.M. Dawn
7.The Power / Warrant
8.Count On Me / Martin Page
9.Da Me La(Fema) / Latin Science
10.I Will Survive / Cheap Trick

   クリフ・マグネスとスティーヴ・キプナーという名ソングライティング・コンビが手がけた"I Will Survive"を収録。産業ロック寄りのダイナミックなロック・チューンで、Cheap Trickの本来のスタイルからは離れているものの、キャッチーで良く出来た曲だ。
(加筆訂正:2/26/2016)
1997
Private Parts Private Parts
Executive Soundtrack Album Producers:
Peter Afterman, Jeff Gold And Rick Rubin
1.Pig Virus
2.The Great American Nightmare
/ Rob Zombie With Howard Stern
3.Mama Look / A Boo Boo
4.I Make My Own Rules
/ With Flea, Dave Navarro And
Chad Smith
5.The Match Game
6.Hard Charger / Porno For Pyros
7.Moti
8.The Suck For Your Solution
/ Marilyn Manson
9.Lance Eluction
10.Pictures Of Matchstick Men
/ Ozzy Osbourne With
Type O Negative
11.The Contest
12.Tired Of Waiting For You
/ Green Day
13.WRNW
14.Pinhead / Ramones
15.Oh Howard
16.The Ben Stern Megamix
17.The Howard Stern Experience
18.Smoke On The Water / Deep Purple
19.WCCC
20.I Want You To Want Me(Live) / Cheap Trick
21.The Antichrist
22.Cat Scratch Fever / Ted Nugent
23.WNBC
24.Jamie's Cryin' / Van Halen
25.Crackhead Bob
26.You Shook Me All Night Long(Live )/ AC/DC
27.Howard You Stink
28.Ladies&Gentlemen
29.Tortured Man
/ Howard Stern And Dust Brothers

  その型破りな言動と活動で全米メディアの寵児となった、ハワード・スターンの自伝的映画のサウンドトラックCD。"I Want You To Want Me"のライヴバージョン(At Budokan)を収録。
1998
First Love, Last Rites First Love, Last Rites
/Shudder To Think

Produced by Shudder To Think
1.I Want Someone Badly
/ Jeff Buckley
2.Erecting A Movie Star
/ Liz Phair
3.Diamonds, Sparks & All
4.When I Was Born, I Was Bored
/ Billy Corgan
5.Appalachian Lullaby
/ Nina Persson
6.Airfield Dream
7.Automatic Soup / Robin Zander
8.Lonesome Dove
9.Speed Of Love / John Doe
10.Day Ditty / Angela Mcclusky
11.The Wedding Is Over / Lena Karlsson
12.Jelly On The Table / Matt Johnson
13.Just Wanna Really See You
/ Mimi Parker & Alan Sparhawk
14.I Want Someone Badly
15.Final Dream

  ワシントン州出身のロック・バンドShudder To Thinkが監督を務めたサウンドトラック・アルバム。ゲスト参加したア−ティストが故ジェフ・バックリ−、リズ・フェア、ビリ−・コ−ガン(Smashing Pumpkins)、ジョン・ド−(X)、マット・ジョンソン(The The)となかなかバラエティ豊か。ロビンがヴォ−カルを担当したオ−ルディズ風の"Automatic Soup"は、歌唱にやや煮え切らなさを感じさせないこともないものの、いつもと違うロビンの表情が見える楽しい曲だ。
Small Soldiers
Small Soldiers
1.War [Remix]
/ Bone Thugs N Harmony / Flea
/ Flesh & Bone
2.Another One Bites the Dust
[Wyclef Jean Remix]
/ Queen / Wyclef Jean / Prass
/ John Deacon
 3.Stroke [Dallas Austin Remix]
/ Billy Squier / Dallas Austin
4.Love Is a Battlefield
/ Kay Gee / Pat Benatar
/ Queen Latifah
5.Rock & Roll, Pt. 2 [Dutch Remix]
/ Gary Glitter
6.Love Removal Machin / The Cult
 7.My City Was Gone
/ Pretenders / Kool Keith / Butcher Brothers
8.Surrender / Cheap Trick / Rich Costey
9.Tom Sawyer  performed by Rush / DJ Z Trip
10.War / Edwin Starr
1999
No Image
Detroit Rock City
1.The Boys Are Back In Town
/ Everclear
2.Shout It Out Laud / Kiss
3.Runnin' With The Devil
/ Van Halen
4.Cat Scratch Fever / Pantera
5.Iron Man / Black Sabbath
6.Highway To Hell
/ Marylin Manson
7.20th Century Boy / Drain Sth
8.Detroit Rock City / Kiss
9.Jailbreak / Thin Lizzy
10.Surrender[Live] / Cheap Trick
11.Rebel Rebel / David Bowie
12.Strutter / Donnas
13.School Days / Runaways
14.Little Willy / Sweet
15.Nothing Can Keep Me From You / Kiss
2003
Daddy Day Care
Daddy Day Care
  
1.Walking On Sunshine
/ Katrina And The Waves
2.Takin' Care Of Business
/ Bachman-Turner Overdrive
3.I Want You Back / Jackson 5
4.Coconut / Nilsson
5.Rhinestone Cowboy
/ Glen Campbell
6.I Wanna Be Sedated / Ramones

7.Kung Fu Fighting / Carl Douglas
8.Dream Weaver / Gary Wright
9.Ballroom Blitz / Sweet
10.Surrender / Cheap Trick
11.ABC / Jackson 5

12.I Want Candy / Bow Wow Wow

  ハイライトとなるシーンにCTのメンバー全員が出演。"Surrender"のライヴ演奏を披露している、エディ・マーフィ主演のコメディ映画(邦題「チャーリーと14人のキッズ」)のサウンドトラック・アルバム。収録曲のほとんどが'70年代から'80年代にかけて大ヒットしたばかりで一見面白みが無さそうだが、なんとCTの"Surrender"だけは明らかにスタジオ新録バージョンなのでありました! 元がシンプルな構成の曲だけに、アレンジはそう大胆には変わってはいないものの、各楽器は「Heaven Tonight」バージョンに比べてよりアグレッシヴで生々しく、実際のライヴに近いサウンドになっている。ファン必聴の素晴らしい出来です。残念なのは、ブックレットにデータが何も書かれていないのでレコーディングの詳細がわからないことですが、映画の中でも全く同じバージョンが使用されていたので、近年の録音であることは間違いなさそう。それにしても、キーボードを弾いているのは一体誰??
2004
No Image Garfield: The Movie
1.Holla / Baha Men
2.I Got You (I Feel Good)
/ James Brown
3.Honky Cat / Elton John
4.Hound Dog / Elvis Presley
5.What's New Pussycat? / Tom Jones
6.Wild Thing / Cheap Trick
7.Cats Vs. Dogs / Matthew Sweet
8.Stray Cat Strut
/ The Stray Cats
9.Fat Cat Keeps Getting Fatter
/ Squirrel Nut Zippers
10.Talk To The Animals / Sammy Davis Jr.
11.Walking The Dog / Rufus Thomas
12.Atomic Dog / George Clinton
13.More Than A Friend / All Too Much
14.Happy Together / The Turtles
15.You've Got A Friend / Al Green
2006
 シュガー&スパイス: 風味絶佳  シュガー&スパイス: 風味絶佳
1.Lyla / Oasis
2.Rocks / Primal Scream
3.Shining Light / Ash
4.Wake Up Boo! / Boo Radleys
5.Surrender / Cheap Trick
  6.Time After Time / Cyndi Lauper
7.Eternal Flame / The Bangles
8.Across The Universe / Fiona Apple
9.Lovin' You / Janet Kay
10.Let There Be Love / Oasis
2009
Transformers: Revenge Of The Fallen Transformers:
Revenge Of The Fallen
1.New Divide / Linkin Park
2.21 Guns / Green Day
3.Let It Go / Cavo
4.Capital m-e / Taking Back Sunday
5.Never Say Never / The Fray
6.Burn It To The Ground / Nickelback
7.Burning Down The House / The Used
 8.Not Meant To Be
/ Theory Of A Deadman
9.Real World / The All-American Rejects
10.I Don't Think I Love You / Hoobastank
11.This Is It / Stained
12.Almost Easy / Avenged Sevenfold
13.Transformers: The Fallen Remix
/ Cheap Trick

  今のアメリカを代表するへヴィ・ロック、ハード・ロック・バンドが集結したマイケル・ベイ監督の映画のサウンド・トラック・アルバム。Cheap Trickが提供した"Transformers: The Fallen Remix"は、プロデューサーのジュリアン・レイモンドと、Transformersシリーズの音楽の作曲をしているアン・ブライアント、フォード・キンダーの共作。"Surrender"  "Dream Police"  "All You Need Is A Dream"といったCTのクラシックを連想させるメロディを一部アレンジに配した、スペーシーな佳曲であるが、残念ながら映画では使われなかった。
2013
Sound City - Real To Reel(CD) Sound City - Real To Reel
1.Heaven And All
/Robert Levon Been, Dave Grohl
Peter Hayes
 2.Time Slowing Down
/Chris Goss, Tim Commerford
Dave Grohl, Brad Wilk
3.You Can't Fix This
/Stevie Nicks, Dave Grohl
Taylor Hawkins, Rami Jaffee
4.The Man That Never Was
/Rick Springfield ,Dave Grohl,
Taylor Hawkins, Nate Mendel
Pat Smear
5.Your Wife Is Calling
/Lee Ving, Dave Grohl
Taylor Hawkins
Alain Johannes, Pat Smear
6.From Can To Can't
/Corey Taylor, Dave Grohl
Rick Nielsen, Scott Reeder
7.Centipede
/Josh Homme, Chris Goss, Dave Grohl
Alain Johannes
8.A Trick With No Sleeve
/Alain Johannes, Dave Grohl, Josh Homme
9.Cut Me Some Slack
/Paul McCartney, Dave Grohl, Krist Novoselic,
Pat Smear
10.If I Were Me
/Dave Grohl, Jessy Greene, Rami Jaffee
Jim Keltner
11.Mantra
/Dave Grohl, Homme, Trent Reznor

 リックがゲスト参加した、同名のデイヴ・グロール(Foo Fighters、Nirvana)監督のドキュメンタリー映画のサウンドトラックCDで、映画に出演したミュージシャン陣からなるデイヴのプロジェクト・バンドSound Cityによる、書き下ろし楽曲を収録。リックはデイヴ、コリィ・テイラー(Stone Sour、Slipknot)、スコット・リーダー(Kyuss、The Obsessed)と共に"From Can To Can't"を共作し、ギターをプレイ。Beatlesの"I Want You(She's So Heavy)"に通じる陰りあるメロディ、へヴィさを持った楽曲で緊張感あるプレイを聴かせてくれる。
2017 
Guardians Of The Galaxy vol.2  Guardians Of The Galaxy
vol.2 Awesome Mix vol.2
 1.Mr. Blue Sky/Electric Light Orchestra
2.Fox On The Run/ Sweet
3.Lake Shore Drive/Aliotta Haynes Jeremiah
4.The Chain/Fleetwood Mac
5.Bring It On Home To Me/Sam Cooke
6.Southern Nights/Glen Campbell
7.My Sweet Lord/George Harrison
  8.Brandy You're A Fine Girl/Looking Glass
9.Come A Little Bit Closer/Jay And The Americans
10.Wham Bang Shang A Lang/Silver
11.Surrender/Cheap Trick
12.Father And Son/Cat Stevens
13.Flashlight/Parliament
14.Guardians Inferno
/The Sneepers featuring David Hasselhoff
 

 
  マーベル・スタジオ製作、ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズが配給の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス(原題: Guardians of the Galaxy Vol. 2)のサウンドトラック・アルバム。劇中、終盤で流れるCheap Trickの"Surrender"を収録。音源はオリジナルの「Heaven Tonight」アルバム・バージョンのリマスター音源。このアルバム用に新たにリマスターされているかどうかは不明
(6/13/2017)
Through The Night




SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー