Through The Night > Information
Information
2021 / 2020 /2019 / 2018 /2017 / 2016 /2015 / 2014 / 2012
2011 / 2010 / 2009 / 2008 / 2006-2007 / 2004-2005 / 2003
 September, 2013
++ 9/28(土)より1週間限定公開されている劇場映画「ビートルズと私」(原題:Beatles Stories - a fab four fan's ultimate road tripにリックが出演しています。映画のオフィシャル・サイトはこちら

++
新作リリース情報
Live In Australia(CD+DVD) (11/25) Amazon / HMV
(9/29)


++
メディア放送予定
WOWWOW liveのSummer Sonic 2013アーティスト特集にて、9/26(木) 17:30よりCheap Trickのサマー・ソニックでのライヴが取り上げられます
(9/24)


++ メディア掲載情報
「Burrn!」9月号 - リック、ロビン、トムのインタビュー
サマー・ソニック・ライヴ・リポート
(9/5)


++
メディア掲載情報
「週刊朝日」9/13号 - リック、ロビン、トムのインタビュー
(9/4)


++
メディア掲載情報
「ビートレグ・マガジン」誌9月号 - リック・ニールセン・インタビュー他
「Rockin' On」誌10月号 - サマー・ソニック・ライヴ・レビュー
(9/2)

August, 2013
++ メディア掲載情報
  「Crossbeat」誌10月号 - Summer Sonicライヴ・レビュー
(8/22)
 July, 2013
++ バーニー・カルロスと、Cheap Trickのマネージャー・デイヴ・フレイがロビン、トム、リックの3人に対して各々何十万ドルもの借しがあると訴えを起こしました。バーニーは、Cheap Trick Companiesの契約の下、ライヴ・パフォーマンスに参加する必要はないが、正式メンバーであり、引き続き報酬を得る権利を有していたのにも関わらず、他の3人のメンバーはその契約を履行せず、バーニーがニュー・アルバムのレコーディングを含むバンドの活動に参加することを拒否し、またバーニーの同意なしに多くの契約の交渉を進めたと訴えています。また、2012年の6月に3人がデイヴをマネージャーから外すことを主張したが、これもバーニーが同意していないので無効だと述べています。更にこの時、バンドはデイヴとSPMに16万ドルの貸しがあったが、バンドは不当にその返済を拒否したとのこと。2011年7月の恐ろしい事故(オタワ・ブルーフェスト)の後、デイヴはバンドにデイヴ個人のカード(American Express)で362.996ドル立て替え、バンドは分割払いでデイヴに返済する契約であったが、前述したデイヴをマネージャーから外す表明があった後、バンドは銀行に拒否された、残高不足のデイヴのファンドに小切手を送ってしまった。バンドは、この不渡り小切手の後返済を止めてしまった為、デイヴは残金71.790ドルを充足するために個人のお金をアメリカン・エクスプレスに支払わなくてはならず、カードの信用に大きな傷がついたと訴えています。ソースはこちらの記事
(7/28)
 
June, 2013
++ Summer Sonic出演と併せ、"Summer Sonic Extra"で単独公演も決定しました

<日程>
8月7日(水)名古屋ダイヤモンドホール
[問]サンデーフォーク 052-320-9100

8月8日(木)東京・渋谷O-EAST
[問]クリエイティブマン 03-3499-6669

詳細はこちらをご覧ください

++ 来月公開される(日本の上映は未定)Big Starのドキュメンタリー映画Nothing Can Hurt MeにCheap Trickのメンバーが出演している模様。予告編ムービーにもロビン、リック、トムが登場しています。
(6/16)
 
May, 2013 
++ CDリリース情報:
at武道館-完全盤(DVD付)(7/24発売)
※2010年にリリースされたBudokan! Friday, April 28, 1978の日本版のようです
(5/31)


++
CDリリース情報:
Setlist:The Very Best Of Cheap Trick Live(5/27発売)
※2010年にリリースされた同名の商品とタイトル、収録曲が同じ為、パッケージ違いの同内容である可能性あり

++ 4月28日にニューヨークで行われた「At Budokan」アルバム完全再現ライヴの模様がBARKSで見ることができます。
※情報提供:にゃーごさん
(5/11)
 
 April, 2013
++ 「At Budokan」のリリース35周年を記念し、1978年にアルバムが収録されたのと全く同じ4月28日、30日に当時と同じセット・リストでライヴが行われることが決定。28日はニューヨークの"John Varvatos Bowery boutique"で、30日はロサンゼルスの"El Rey"にて。詳細はオフィシャル・サイトのニュースをご覧ください
(4/5)
 March, 2013
++ 8月の来日で、Cheap Trickの単独公演も決定したようです。8/7(水) 名古屋ダイヤモンドホール 8/8(木) 東京O-East 以上2公演。詳細はまだ発表されていません。※ソースはCheap Trick official Facebook
(3/6)


++
新作リリース情報(5月)
「Next Position Please」(Analog LP record)
「One On One」(Analog LP record)
上記2点は何れもsteamhammerよりリリース
(3/5)


++ 
Cheap Trick、5年ぶりの来日公演が決定。サマー・ソニックの8/10(土)東京、8/11(日)大阪に出演します。サマーソニックにCheap Trickが出演するのは2003年以来10年ぶり

++ 詳細は不明ですが、「Vintage Guitar」誌の4月号で、トムの所有楽器が紹介されているようです。また、「Classic Rock Magazine」の3月号には、トムの選ぶ"パワー・ポップ・トップ10"が掲載されています

++ クリーヴランドにあるRock & Roll Hall Of Fame Museum Exhibitsに、ロビンが2009年の"sgt. Pepper's Live"で着た衣装(Karen Dusenberyによるデザイン)が寄贈されたとのこと
(3/1)
February, 2013
++ メディア掲載情報
「Burrn!」3月号 - ライヴ・リポート("Aerosmith Exclusive Live Report")
(2/9)
 January, 2013
++ アメリカ・ユタ州で開催(1月17日~27日)されるサンダンス映画祭でプレミア上映される、デイヴ・グロール(Foo Fighters、Nirvana)監督のドキュメンタリー映画「Sound City」にリックが出演。また、この映画に出演したミュージシャン陣からなるデイヴのプロジェクト・バンドSound Cityのライヴが同フェスティバル会場で1月18日に行われ、Foo Fightersのメンバーをバック・バンドに総勢17名のゲスト・ミュージシャンが参加。リックはコリィ・テイラー、クリス・ノヴォセリックらと共にCheap Trickの"Hello There" "Stiff Competition" "Ain't That A Shame" "Surrender"をプレイした模様。「Sound City」のサウンド・トラック・アルバムは3月発売予定。

++ 5月17~19日にオハイオ州コロンバスで開催されるロック・フェスティバル「Rock On The Range」にCheap Trickの出演が決定しました
(1/25)


++
Anthraxが海外で3月18日にリリースするEP「Anthem」でCheap Trickの"Big Eyes"をカヴァーしています。AnthraxによるCheap Trickの楽曲のカヴァー・バージョン(公式リリース)は、1993年の"Auf Wiedersehen"(アルバム「Sound Of White Noise」アルバムの日本版、2011年リマスター版に収録)に続く2度めとなります

Through The Night
SEO [PR] !uO z[y[WJ Cu