Through The Night > Special > リック・ニールセン特別公開講座
〜リック・ニールセン、ロック人生、30年を語る〜
 東放学園音響専門学校・特別公開講座
Feb,21 2008
Rick Nielsen
 
  武道館公演決定の興奮も冷めやらぬうちに、リック・ニールセンが単独でプロモーション来日の報が。 しかも、今回は単なるメディア露出だけでなく、東京・新宿にある専門学校、東放学園音響専門学校で"特別講師"として話をするというではないですか。在校生に加え、一般の人も限定で50人招待されたリック先生による"ロック講座"に出席して参りました!
  ステージ上に大きなスクリーンが貼られた地下のスタジオは、東放学園の生徒さん、一般のファンに加えメディア関係者で満員! 立ち見の人も多く開演前から凄い熱気(実際に場内は少々暑く、リックも温度を下げてくれとリクエストし、その後適温に下げられた) まず、学校で"ロック史"を担当している酒井努先生が簡単にCTの歴史を紹介したあと、挨拶代わりにスクリーンに"Never Had A Lot To Lose"のビデオが流されます。もう飽きるほど見たPVですが、この大画面で見ると実にエキサイティング!  しかし、今日は一応"講義"ということで(?)興奮は内に秘めて椅子に座ったままこの名曲に浸ります(笑) ゲストコーディネーターの我妻広己(東放学園音響専門学校・講師/音楽評論家)さんと酒井先生がCTについてひとしきり語り、いよいよリックが登場。モデルを務めているJohn Varvatosの黒いスーツを纏ったリックは、大歓声で迎えられます。BGMは"Clock Strikes Ten"のイントロ…「時計は10時を指した、土曜日の夜〜」って、"講義"のはじまりにこの曲は相応しいのか!?(笑)

リック先生…いきなりピックをビュンビュン飛ばしてます!
   <Cheap Trickと日本と武道館について>
  日本の人たちが他の国に先駆けてCTを認めてくれたから今の僕たちがあるんだ。1st、2nd、3rdと日本でのセールスは上昇し続け、「at Budokan」でCTサウンドの"本質"といったものを見つけることができた。CT以前にもBeatlesがプレイしたり、ボブ・ディランが武道館のライヴ・アルバムを出したりしているけど、"CTが武道館を有名にし、武道館がCTを有名にした"んだよ。
   <2007年の"Recording Academy Honors"受賞について>
  名誉なことだよ。あのグラミー賞(受賞した)アーティストKanye Westと一緒に受賞したんだからね。

  通訳のお姉さん(※J-WaveのDJの方だそうです。名前失念したので後で調べます)が訳している間にも、時に机のリバウンドを駆使し(笑)ビュンビュンとピックを放り続けるリック…酒井先生「(ピック投げは)1日どのくらい練習しているんですか?」  「3時間!」  「それじゃ、ギター練習するより長いですね(笑)」  「いや、(ギターは)練習しない!(会場笑)  去年、Beatlesの『sgt.Peppers〜』を再現するライヴを演ったんだけど(8月のHollywood Ballのショウのこと)、この準備の為に1967年以来はじめてギターを練習したね」
  <楽器をはじめた頃のこと>
  最初にプレイしたのはドラムだった。レッスンを受けた楽器はドラムが最初で最後だね。最初に組んだバンドのギタリストが良くなかったので、僕がギタリストに移った。両親が二人ともオペラ歌手だったせいか、音感が良くて"Peter Gunns Theme"とか〜ドドドド・ドドドド(と口ずさむ)  後に"On Top Of The World"のイントロのヒントになるんだけど〜とか楽に耳コピできたよ。
  <1960年代>
  最初に聞いた音楽はブルーズだった。その後にBeatlesに出会って、地元のラジオ曲でジミ・ヘンドリックスの曲を聴いて衝撃を受けて、母親に女性の裸が載ったジャケットのアルバム(「Electric Ladyland」)を買ってきてもらったんだけど、母は恥ずかしい思いをしたろうな(笑)  
 
  <1970年代>
  1970年代中期はディスコ・ミュージック全盛で(難しい時代だった)。でも、僕はダンスができないし(笑)あくまでロック・バンドだ、という気概で活動していた。すると、70年代後期に反動(backlash)が起こってチャート上位にBee Geesの「Saturday Night Fever」とCheap Trickの「at Budokan」が一緒に顔を出すような状況になった。でも、今Bee Geesはどこかへいってしまったけど、僕らはまだここにいる(拍手)
  <ギターについて>
  1978年に初来日した時、雑誌(音楽専科)の企画でギター・デザインのコンテストを行って、当選したギターをグレコに頼んで作ってもらった。エディ・ヴァン・ヘイレンが出てくるより前だけど、もうギターのボディにデザインをしていたよ。今ならフォトショップですぐ作れるだろうけど、当時はなかったからチェックのデザインをつくるのに3M(マスキングテープ)をひとつひとつボディに貼って、上からスプレーして模様を作ったんだ。

  今所有しているギターは500本(驚)  あっ、もう1本あったか(笑・といって、後ろに置いてあったギターを取り出す)  ツアーに必ず持っていくのは5ネック・ギター3本と、ヘイマーのDream Policeのギター。

  ポール・マッカートニーが持っている、世界に3本しかない左利き用のレスポールは、僕が実はあげたんだ。まだお金払ってもらってないけどね(笑)  (ポールは前夫人の慰謝料で大変だろうけど)彼女にお金払う前に、僕にギター代払って欲しいな(笑)
 
  <レコーディングについて>
  まずリハーサルをしっかりやるね。リハーサルをしながら、曲の良いところ、悪いところを見極める。最近は、マッキントッシュも(曲作りに)良く活用するね。バーニーのドラム・トラックはだいたい3日で録り終えるんだけど、彼が満足して帰ると僕らも嬉しい(笑)
  <4/24・武道館公演について>
  さっきも話したように、CTにとって重要なアルバムである「at Budokan」からはたくさんやるし…初来日公演では"Dream Police"演ったっけ? え、演ってない?  "Dream Police"も演るだろうし、とにかく長いショウになるよ!
Rick Nielsen
 
  ここで、酒井先生が今度の武道館でもこの盛り上がりが見られるように…と、初来日時の"Surrender"の映像をスクリーンに流しました。大写しになった当時の自分を見て、思わず恥ずかしそうに頭を抱えるリック!  「あの時に比べると大分(体形が)大きくなったな!(笑)  それはともかく、ギターはかなり上手くなったよ」 
  <音楽と人生>
  僕はバカ過ぎて、ロックするのを止められない(Too dumb to quit)んだよ(真顔で)  音楽キャリアの最後にプレイしたい曲? そうだな…長い曲をプレイしたいね。凄く長〜い曲を(笑)
 
  人に押し付けられて作るのでなく、音楽が好きだから今まで続けてこれたんだ。音楽業界でどんな仕事につくにせよ、大事なのは自分の仕事を好きになること。好きなことを続けるのが重要だね。1stアルバム(の"Daddy Should Have Stayed In High School")で、「俺は30才だけど、16才の気分」って歌ってたけど、今59才の僕は、17才の気分でプレイしてるよ!
  その後、生徒さん、ファンからのリックへの質問コーナーがあり、全員でリックを囲み記念撮影したあとイベント…じゃなかった講義は終了。更にリックは10分ほど残ってファンにもみくちゃになりながら、即席のサイン会も行ってくれました(私は、残念ながらもらえませんでした)。尊敬するリックのユーモア溢れる話を目の前で聞き、また優しさに触れることができて夢のようでした。東放学園の先生、スタッフ、関係者の皆様。貴重な体験をさせて頂きどうも有難うございました!
  <おまけ>
  講義終了後、スタッフ・ルームから何故かダンスしながら出てきて次の仕事に向うリック先生…この後握手してもらいました。
Rick Nielsen
+ テキスト編集協力/えりさん

Through The Night




SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送