Through The Night > Special > CT unreleased songs > review
Cheap Trick Unreleased Songs
  1.Give It Away
  ニュ−・アルバムからこの曲が外れたのにはかなり驚いた。ここ数年(2001年以降?)ライヴでは結構な回数プレイされているのではないだろうか。リック・ニ−ルセンらしいシンプルで力強いギタ−・リフ/サウンドに、一度聴いたら忘れないキャッチ−極まりないメロディがのる。若いファンにアピ−ルするには、こういうわかりやすくて即効性のある曲が一番だと思うのですが…。誰かが"Scent Of A Woman"ていう優れたロック・チュ−ンが既にあるので、"Give It Away"はカットされたに違いない、といったようなことを書いていましたが、良い曲なら何曲アルバムに入っていたっていいじゃないですか、ねえ?(笑)
  2.She's All Right
 
 CTらしいかと問われれば、はっきりいって全く"らしくない"曲だ。2001年のツア−で何度か(結構な回数?)演奏されている。この年以外の年に演奏されたことがあるかどうかはまだ未確認。リックの静かなギタ−のイントロに、ロビン(と思われる)のアコ−スティック・ギタ−が被さり、反復フレ−ズの上をささやくようなロビンのヴォ−カルがシンプルな歌メロをなぞってゆく…ロビンのソロ・アルバムに入っていたとしても違和感がありそう。ボブ・ディラン風といっても良いかもしれない。いつか「Sex, America...」のpt.2が出ることがあったら、是非スタジオ・レコ−ディング・バ−ジョンを収録して欲しい。
Through The Night




SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送