Loud Park 08
at Saitama Super Arena October, 18 2008

Loudpark - Kanban   巨大へヴィ・メタル・フェス「Loudpark08」初日。Avenged Sevenfold(A7X)見たさに急遽参戦を決意。当日券をゲットする為、朝6時起きでさいたまスーパー・アリーナへ。10時丁度に駅に到着し、敷地内に入ると、まずアリーナ隣の公園まで伸びるグッズ売り場の長蛇の列に圧倒される。その行列を横目にチケットを購入し早速会場内へ入る。さいたまアリーナは、大きいなあ。入り口の扉が凄く多い。どこから入場してよいのか迷ってしまうよ。

Set List
※調査中
Head Phones President
  (11:00〜)

  個人的セミ・ファイナルのAibourneに備える為Big Rock Stage(Loud Parkでは、右側にBig Rock Stage、左側にUltimate Stageと、2つのステージが並んで設置され、ライヴはその2つのステージで交互に行われる)スタンド席からHead Phones Presidentを見る。"海外でも評価が高い日本のヘヴィ・ロック・バンド"という以外は事前情報を得ておらず、リラックスして見るつもりだったがそのダイナミックでシアトリカルなライブにオープニングからぐいぐい引き込まれた。元アイドル・タレントだというフロント・ウーマンAnzaはきらびやかなドレスに包まれたその細い身体をしなやかに、そして激しく動かしながら強烈なハイトーンを繰り出す。バンドの演奏力も、派手さはないもののかなりのもので、ドラマティックに展開する楽曲を表現力豊かにプレイする。個人プレイよりはバンドとしての整合感と、Anzaのヴォーカルとキャラクターを活かす、という意識がよく伝わってきた。色々なバンドが比較対象に浮かんだが、ミクスチャー的要素をあまり押し出さず、素直にメタルしているのが独自性として活きていると感じた。後は、もっと印象的で輪郭のはっきりした歌メロを歌ってくれると嬉しい。

 
Set List
1.Blonde Monster
2.You Are Familiar
3.Vanishings
4.XoXoXo
5.Attacker
6.Anchors
7.Spider Besider
8.Great White Whale
 
  Secret & Whisper
  (11:40〜)

  アリーナに降り、Big Rock Stageの最前列を確保しつつ真横を向いてUltimate StageのSecret & Whisperを見る。彼らについても全く知識がなかった。カナダのバンドで、その音楽は"ポスト・スクリーモ"とカテゴライズされるらしい。中性的なルックスと、ややエモの入った透明感のある声を持つチャールズ・ファーニーのヴォーカルを、ソリッドでメタリックなギター・サウンドで聴かせる。HPPのAnzaのパワフルな歌唱の後では、チャールズの高音が不安定なヴォーカルは弱く聴こえたが、プレイはなかなか安定していた。特に、べース/コーラスのジョーダンは存在感があってカッコいい。後日アルバムを買って聴いたが、正直なところCDで聴いた方が楽しめた。今後は、ライヴでこの美メロをどう明瞭に表現するかが鍵だろう。

Set List
1.Stand Up
2.Hellfire
3.Fat City
4.Girls In Black
5.Much 2 Young
6.Runnin' Wild

※機材トラブルの関係で、
"Cheap Wine&Cheaper Women"
"Heartbreaker"の2曲が
カットされたそう…残念。
  Airbourne
  (12:20〜)

  同じ位置で、楽しみにしていたAirbourneを見る。機材トラブルか何かあったようで、スタートが少し遅れたのだが、アンプの陰に覗く出番待ちのメンバーを見ると、ギタリストのデイヴィッドは笑顔でファンに手など振っている。余裕だな〜。ショウであるが、これがアグレッシブで文句無しに凄かった。純度100%のハード・ロック・ショウ! AC/DC直系の、自然にヘドバンを誘発する硬質なギター・リフに、シンガロング必須のキャッチーなコーラス。上半身裸で、ステージ中を(そしてステージ下を)縦横無尽に駆け回りながら全身でファンを煽るフロントマンのジョエル・オキーフは、まるで存在そのものがロックンロールという趣。いやー楽しかった!

Set List
1.Intro
2.Refuse/Resist
3.Grace
4.Burn
5.Fight Fire With Fire
6.Nothing Else Matters
7.Last Hope
8.I Don't Care
feat Toni Kakko
9.Seek And Destroy
10.Inquisition Symphony
11.Hall Of The Mountain King
 
  Apocalyptica
  (13:05〜)

  Airbourneで体力を使い、流石にしょっているバッグ(そうなんです。バッグしょってたんです…)が重くなったので、一度アリーナを出てクロークに預けようとしたが、ごった返していて時間がかかりそうだったので諦めてアリーナに戻る。再度場所を変えUltimate Stage後方でApocalypticaを観た。この日私が観たバンドの中では、ショウの完成度という点でApocalypticaが突出していた。この日はバンドごとに見る位置を変えたので、断言はできないが音も最も良かったように思う。目の前で展開される壮観なパフォーマンスに圧倒されて、気づくとをぼ〜っとステージを凝視している自分がいた。静・動、緩・急を自在にコントロールする4人のチェリストと、まるでマシンガンのようなタイトさ、へヴィさを持つドラマー。まず楽曲とサウンドのユニークさが基本にあるわけだが、それを最高にドラマティックに、エキサイティングに演出する手法が秀逸で、フォトジェニックなメンバー達が、完璧な演奏力でその魅惑的な音楽世界を表現する。大きなチェロを抱え、アクティヴに動き回るメンバーがこれほどまでステージ映えするとは思わなかった。ショウの構成も素晴らしく、Sonata Arcticaのトニーをゲストに迎えた"I Don't Care"の配置も良かったと思う。圧巻のへヴィ・メタル・ショウだった。

Set List
1.Find The Arise
2.On The Floor
3.Chopped in Half
4.Bloodshot
5.Left To Die
6.Dethroned Emperor
※Celtic Frostのカヴァー
7.Threatening Skies
8.By The Light
9.Evil Ways
10.Stand Alone
11.Slow Death
12.Slowly We Rot
 
  Obituary
  (13:55〜)

  寝不足もたたり、ここでちょっと体力切れ。アルティメット・ステージ側の2階スタンド席から、反対側のBig Rock StageのObituaryを見る。もう少し前で見たかったけど、ここでセーブしとかないと、A7Xの前に体力尽きちゃう。海外のデス・メタル・バンドとしてはじめて来日公演を行ったことで知られるフロリダのヴェテラン・バンド。ほとんどの曲がミディアム・テンポ。またはスラッシュ風のファストなパートを中間部に配したミディアムの曲で、派手さはないのだがそのメンバーの存在感と音の破壊力は凄まじい。地を這うようなへヴィさを持つギター、べース、ドラムス。この世のものとは思えないジョン・ターディの強烈な咆哮。昔好きだった"Don't Care"をプレイしてくれなかったのは残念だが、意外なほど中だるみせず楽しめた。

Set List
1.Perpetual Black Second
2.Bleed
3.Electric Red
4.Rations Gaze
5.Pravus
6.Straws Pulled At Random
7.Future Breed Machine
  Meshuggah
  (14:45〜)


  体力がかなり回復した(と思った)ので、いざゆかんと再びアリーナへ降りるが、まだ立っているのが辛く、結局アリーナ入口脇のシートのところに座ってスウェーデンのMeshuggarを見る。相当に複雑で変わったアレンジ、展開を持つ楽曲をプレイするバンドだが、この時私は消耗しており、とても曲の細部を聴きとる集中力がなかった。ほとんど、身体にただ轟音を浴びていたような感じだった。帰ってからYou Tubeで彼らのライヴ映像を見て、かなり後悔した。万全の体調で観たかった…。

 Set List
1.Heroes Of Our Time
2.Fury Of The Storm
3.Reasons To Live
4.The Last Journey Home
5.Valley Of The Damned
6.Through Fire And Flames
  Dragonforce
  (15:35〜)


 Dragonforce、前の方で見たかったですが、もう体力限界でした。この頃はもう2階席がほとんど埋まっており("タオル"で席とりしている人の多いこと)アルティメット・ステージ側4階(斜面が急で怖い!)の席で仮眠をとりました。ドラフォ、残念でしたが、このままじゃ帰り歩けなくなっちゃうから…。


Set List
1.Intro
2.In Black And White
3.Paid In Full
4.White Pearl, Black Oceans
5.It Won't Fade
6.Draw Me
7.8th Commandment
8.Don't Say A Word
9.The Cage
10.Vodkaaaa
11.Outro
  Sonata Arctica
  (16:30〜)

  仮眠が功を奏し、今度こそ体力が回復したのでいざ場所取り。A7Xに備えアルティメット・ステージ前方近くを確保。Sonata Arcticaをメンバーの表情もよく見れる位置で観たが…。う〜ん、残念ながら私には訴えるものがほとんどなかった。メロディは良いし、演奏力も素晴らしいのだが…。1曲ごとにMCを挟む構成も、テンションを下げるなあ。私の趣味に合わなかったという他ない。ファンの皆さん、前の方で一人盛り下がってごめんなさい!

Set List
1.Intro (tape)
2.Inpropagation
3.Buried Dreams
4.Intro (tape)
5.Corporal Jigsore
6.Intro (tape)
7.Incarnate Solvent Abuse
8.No Love Lost
9.Edge Of Darkness
10.This Mortal Coil
11.Embodiment
12.Keep On Rotting
13.Genital Grinder
14.Death Certificate
15.Ruptured (intro)
16.Heartwork
17.Carneous (outro)
  Carcass
  (17:25〜)

  同じポジションで真横を向いて逆側、Big Rock Stageの再結成Carcassを見る。ステージのメンバーは弦楽器の3人が豆粒大に確認できるだけなので、大スクリーンで楽しむつもりだったが、それに映し出されたのはステージの様子でなく、延々続くグロ映像(…) メンバーの「女性たちに捧げるぜ!」というせりふの後、スクリーンには更に素敵な"様々な局部(?)"の写真が次々と(淋病……) ショウはちょっと冗長にも感じたけど、ラストの"Heartwork"は懐かしさもありかなり気分が盛り上がった。正面から見れなかったのが残念。

Set List
1.Critical Acclaim
2.Afterlife
3.Beast & The Harlot
4.Scream
5.Unholy Confessions
6.Synyster Gates guitar solo
7.Bat Country
8.Gunslinger
9.Almost Easy
  Avenged Sevenfold
  (18:25〜)

  A7Xは、最初から今日のメインと決めていたので、体力全部使いきるつもりで、荒くれ者達のタックルをかわしながら前方で盛り上がった。やっぱり A7Xは最高だ!カッコいい!!  シニスターはあまり印象変わらなかったけど、メンバー全体的に少しこざっぱりしたような。シャドウズも、私は今日みたいにサングラス外した方が好きだな。A7Xは単独もフェスもさほどライブの尺が変わらず短めであるが、今回はシニスターのギター・ソロ(テクニックよりは、音と雰囲気で魅せる)から、バンドでジャム風インストへ繋げ、一気呵成に"Bat Country"突入なんていう展開もあって、短いセットの中にも新鮮味のある起伏が生まれていた。ステージでいつもアクティヴなメンバー、特にシャドウズにとってはLoud Parkのステージは小さかったのではないかと思うが、動きがやや控え目な分、メンバーの様子が伺えて良かったと思う。ドラムスのザ・レヴ以外は、ショウを通して細かな表情の変化も確認できた。演奏のクオリティについてもはやいうことはない。貫録さえ出てきたね。ラスト"Almost Easy"は完全燃焼した! 汗だく。翌日の仕事の都合で残念ながらSlipknotとDownは観れなかったが、それを差し引いても大満足のLoud Park初参戦だった!  (10/31/2008)
当日券のチケット
Live Review
Site Top




SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー