Natalie Merchant at Nakano Sun-Plaza Mar, 26 1999

ナタリーのライヴ告知ハガキ   こんなに待たされたのに、たった1回なんて…と、最初思わず恨めしい気持ちにさえなったナタリ−の初来日公演。しかし、この中野サンプラザにおける唯一のライヴで、ナタリ−はファンの期待を裏切らぬ素晴らしいパフォ−マンスを披露してくれた。幻想的なオ−プニングの"Ophelia"から、キャッテル・ケイネック作の美しい"The Gulf Of Araby"で静かに幕を閉じるまで、ナタリ−のエモ−ショナル且つパワフルな歌声と存在感は圧倒的だった。デイヴイッド・ボウイの"Space Oddity"におけるハロ−キティのおもちゃ(化粧台)を使った楽しい演出、(演奏前、「私をお姫様にしてちょうだい」とティアラを頭につけた)トレ−ドマ−クの激しいダンスを初めとして、観客の目をひきつけて離さないナタリ−のパフォ−マ−としての才能にも感銘を受けた。8列目で見ていた私は、最初の"Ophelia"で圧倒されて以降、しばらく硬直したまま座ってナタリ−のステ−ジングを見つめていたが、大好きなジェフ・バックリ−の"Last Goodbye"のイントロが流れてきたところで 思わず「おお!」と叫んで自然に立ちあがってしまった(笑)  ライヴ後半、プレゼントを渡したり、握手したり、写真(!)を撮ったりしようとするファン達がステ−ジ前にドォォッと突進して混乱になったのには驚いた。セキュリティはどこにいたんだ?! ナタリ−はこの日あった地震に驚いたようで、MCでは〜恐らくその時ホテルかどこかに居たんでしょう〜「誰かが窓を拭いているのかと思ったわ」とひとこと。  ソロ・アルバムよりは圧倒的に10.000 Maniacs時代のアルバムを聴きこんでいた私。"What's The Matter Here?"やまさかまさかの"Stockton Gala Days"には当然狂喜乱舞だったのだが、まず何より鮮烈だったのは、CDで聴くそれの何倍ものパワーを持って迫ってくる「Tigerlily」と「Ophelia」の楽曲群だった。クオリティの高い楽曲が、ナタリーの全霊をこめたパフォーマンスと歌唱によって、最大のポテンシャルを表出させる…。この日を境に、私のナタリーのアルバムの聴き方はすっかり変わってしまった。いや、ナタリーの歌に完全にのめり込んでしまったのだ。  (加筆訂正・10/24/2004) 
Set list
1.Ophelia (Reprise)
2.Ophelia
3.San Andreas Fault
4.What's The Matter Here?
5.Break Your Heart
6.Seven Years
7.Stockton Gala Days
8.Last Goodbye
9.Carnival
10.Space Oddity
11.My Skin/Wonder
12.Life Is Sweet
13.Kind & Generous
<encore 1>
14.When They Ring The Golden Bells
15.These Are Days
16.Jealousy
17.Fever
18.Thick As Thieves
<encore 2>
19.The Gulf Of Araby
チケットの半券
Live Review
Site Top




SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー