December 2002
TRACKDAS SUMMIT 2002
  "先入観は良くない"ということをつくづく思い知らされたのが、今年の9月に初めて生で見たCheap Trackのライヴでした。(Cheap Trackは日本のみならず海外でも有名なCheap Trickのトリビュ−ト(カヴァ−)バンド)  その初ライヴの少し前に、友達から送ってもらったTrackのライヴ・ビデオを見る事ができたのですが、これの印象があまり良くなかったんです。音は軽いし、ヴォ−カルは音程があまりしっかりしないし、パフォ−マンスも"本物"を10分の1にパワ−・ダウンさせたみたいにおとなしい。正直「え〜これが…?」という感じ。しかし目の前のTrackはそんな私の持っていたイメ−ジを一瞬にして吹き飛ばしました。ライヴが始まってわずか数10秒…げ〜っ、何だこのサウンド! "本物"そっくり! この音のデカさ、質感、演奏力。もちろんパ−ツひとつひとつを分析すれば"ここが本物と違う"と指摘できる面もいくつもあるのですが、この堂々としたパフォ−マンスの前ではそんなことをいっても無に等しいでしょう。

  そして今日(12月8日)は六本木の小さなライヴ・スペ−ス(バ−?)でのTrack初めての"Christmas Live"が行なわれました。残念ながら仕事の都合で"本編"のライヴは途中からしか見れなかった(ギタ−のマンタロウさんは"Surrender"で初めて5ネック・ギタ−を使用!)のですが、今回はその後にアンプラグド・セットというプレゼントがあり、結果的には大満足でした。前回見た時のように、驚きで固まっていたら何時の間にか終っていたなんてこともなく(笑)リラックスして、余裕たっぷりのTrackのパフォ−マンスを楽しみました。対バンした"Acodas"の皆さんも上手かったなあ。(12/19)
忘年会
  7日(土)、新宿でMOTOさん、FUKUさん、bcさんと忘年会というか飲んで食べる会(笑)
MOTOさん、FUKUさんとはネット上の付き合いがもう長く、以前に場所も同じ新宿で飲んだこともあるのですが、bcさんとは今回がお会いするのは初めて。皆私より年上の方で、特にbcさんは私より一回り以上離れている大先輩。当然バックグラウンドになっている音楽の傾向はそれぞれ違って、アメリカン・ル−ツ・ロック、ブル−ス、ジャズ、ウエスト・コ−スト・サウンドと普段"主食"にしているジャンルも最近の私からは遠いのですが、楽しく会話が成立してしまうのは"音楽好き"という最も大切な共通点で結ばれているから…って、これはカッコつけた表現ですが、どんなジャンルの音楽に話が転がってもそれなりに会話についていける自分に、ああやっぱりオタクなんだな、と感じた(苦笑) 今回最も印象的だったのはMOTOさん、bcさんが自分達の愛する音楽(アメリカン・ル−ツ・ロック)を日本で紹介(メジャ−に)するためのアイディアを一生懸命語ってくれたことです。HPもつくって、いろいろやってみてもの凄く難しいのはわかっている。でもやってみたい。それも新しいア−ティストを紹介したい。そう、この方達は未だに60年代、70年代の影"だけ"を追い求めているその辺の枯れた音楽好きのオジさんとは違うのだ。もう最終的には"信念"と"音楽に対する愛"しかないのだが、これこそが今日お会いした3人をいつまでも若くさせている理由ではないかという気がした。自分があと10ン年したときに、果たしてbcさんのような澄んだ、エネルギッシュな目をしているかどうか…(自信なし)。(12/15)

*MOTOさんとbcさんはサイトをお持ちです。リンクのペ−ジで紹介しています。

Claire Masseyからのメ−ル

Tami Show(1988)
1980年代終りから1990年代初頭にかけて活躍したTami Showというバンドをご存知でしょうか? CathyとClaireという2人の美人姉妹のダブル・ヴォ−カルをフィ−チュアした、ポップでやや陰のあるメロディを特徴に持った彼女達はアルバム「Tami Show」で1988年にデビュ−。Mike Chapmanがプロデュ−スしたこのアルバムは、新人らしからぬ完成度の高さを備えていたもののヒットに至りませんでしたが、同じくMikeがプロデュ−サ−を務めた2ndアルバム「Tami Show」から、"The Truth"という全米シングルチャ−トでTop30に食い込む大ヒットが生まれ、一躍その名を馳せます。(この曲は日本のラジオでも良く流れていたので、覚えている方も多いかと思います)
しかしバンドはその後ほどなくして解散。長いこと動向を聞かなかったので、てっきりメンバ−は音楽業界を離れたと思っていたのですが、なんとそれぞれまだミュ−ジシャンとして活動していることがわかり、Tami Showに結構思い入れのあった私は嬉しくなってしまいました。中でも姉妹の片割れ、Claireは地元シカゴでソロ・アルバム「Suncat Muse」をリリ−スしているというので早速CDをオ−ダ−。すると、なんと先日Claire本人からメ−ルが! CDオ−ダ−してくれてありがとう。今週発送します。聴いたら感想を聞かせてください、という短い内容でしたが、こうやってア−ティスト本人からわざわざ連絡をくれると嬉しいです。
「Suncat Muse」届いたらまた感想を書きたいと思います。(12/4)

Wanderlust(1991)

Claire Masseyのオフィシャル・サイト→Planet Claire
ああ、ついに消滅してしまった…
Rubyblue.....このバンドについては、数か月前に少しここで書きました。もう"お終い"なのはわかってはいても、どこかにまだ「もしかしたら…」の気持ちが残っていたのですが、どうやら正式に解散したようです。ついにオフィシャル・サイトが消滅しました。それにしても残念。リリ−スしたアルバムは「Beyond Pink」1枚のみでしたが、その輝きが素晴らし過ぎただけに…。(12/4)

Misc
Site Top




SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送