January 2009

 + no.526 +
Michael Stanley/Just Another Night
Michael Stanley
/Just Another Night

(import CD/2008)
★★★☆
 + no.525 +
Bob Pelander/The Wait
Bob Pelander/The Wait
(import CD/2008)

★★★☆
 + no.524 +
Jonah Coslen/Telling On Myself
Jonah Coslen
/Telling On Myself

(import CD/2008)

★★★★
  オハイオのLine Level Musicレーベルより、昨年Michael Stanley Band関連アーティストのアルバムが次々リリース。年60にして全くアルバム制作ペースが落ちないマイケル・スタンリーは昨年リリースの「The Soft Addiction」以来のオリジナル新作。方向性はこれまでと変わらずキャッチーな歌メロを持ったハートランド・ロック〜ルーツ・ロックだが、近年のアルバムの中では最も洗練と土着のバランスがとれており、普遍性が高い。
  そのマイケルと1970年代のMichael Stanley Band時代から、現在に至るまで長きに渡りマイケルのパートナーとして活動してきたキーボーディスト・ボブ・ペランダーはキャリア30ン年にして初のソロ・アルバムをリリース。プログラミング等の味付けもあるが、基本的には自身のピアノをフィーチュアしたインストゥルメンタル集だ。すぐに映画のサントラとして使えそうな、情景の浮かぶ叙情メロが美しい。Michael Stanley Bandのヒット曲"Fallin' In Love Again"を再演。
  70年代、Michael Stanley Bandでマイケルと活動を共にし、80年代は自身のバンドBreathlessで活躍。90年代にはGhost Poetsで再びマイケルと共演したジョナ・コスレンのおそらく初のソロ・アルバム。そのサウンドは、いかにも"おっさん"したジャケットからは想像できないほど張りがあり若々しい。レゲエ風の曲あり、カリプソ風の曲もあり。ルーツ・サウンドを基調にしつつ、持前のポップ・センスが活きた楽曲は、バラエティに富みながらジョナ独特の歌メロ、歌い回しをもってアルバムとして統一感も保たれている。  (3/14/2009)
「Michael Stanley」
Disc Review(2003) / Disc Review(2005)
Music Review(2007) / Music Review(2008)

「Michael Stanley Band」
Disc Review(2003) / Disc Review(2004)
Music Review(2007) / Music Review(2007)

「Breathless」
Disc Review(2003)
 + no.523 +
Kyler England/Simple Machine
Kyler England/Simple Machine
(import CD/2008)

★★★★★
  1st〜4thアルバムからの代表曲をセレクトした日本独自編集版「Kyler England」(2006)で、その類まれなメロディ・メーカーとしての才をアピールしたノースカロライナ州出身の女性SSW。このニュー・アルバムは更に大きなインパクトを与える傑作だ。オープニングの"818"から、ラストの"Bells And Whistles"まで、溢れ出る美麗メロの洪水。キーボードを多用したアレンジ、打ち込みのリズムは少々古くささを感じないこともないが、そのキラキラしたサウンドは、常に微妙に吐息がかかったようなカイラーの優しいヴォーカルによくマッチしている。カイラーのメロディ・センス、言葉の選び方のセンス、楽曲アレンジと全てが完璧な整合感をみせたアルバム・タイトル・トラックはキャリアを代表する曲になるだろう。それ以外にも、胸打つメロディを持った名曲が満載だ。  (12/30/2008)
「Kyler England」
Disc Review(2006)

Since July,3 2002
(C)2002-2009 Kyota  All rights reserved
Site Top



SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー