Through The Night > Discography > Other CT related works:90's
Other CT related works: 90's
1990 / 1992 / 1993 / 1994 / 1996 / 1997 / 19981999 / 2000
1990
 Chris Spedding/Cafe Days  Chris Spedding/Cafe Days
Produced by Steve Berlin and Mark Linnet
 
 1.Smoke My Cigarette
2.Parchman Farm
3.Hostage
4.Put It On Hold
written by Spedding/Jon Brant
/Brian Adler

5.Catch 22
 6.Cafe Days
7.Call Of The Wild
8.Girl In The Video
9.Flirt
10.Save The Life
11.Portobello

  イギリスを代表するセッション・ギタリスト、シンガー・ソングライター・クリス・スペディングの10枚めのソロ・アルバム。Cheap Trick脱退後に一時期クリスと活動を共にしていたジョン・ブラントが"Hostage" "Put It On Hand"の2曲でソングライティングに参加。このアルバムにボーナス・トラック6曲を追加収録し、曲順も変えて編集された新装版「Cafe Days Revisited」が2006年にリリースされている。
(2/16/2016)
 
House Of Lords/Sahara House Of Lords/Sahara
Produced by Andy Johns and House Of Lords
1.Shoot
2.Chains Of Love
3.Can't Find My Way Home
4.Heart On The Line
*written by Rick Nielsen

5.Laydown Staydown
6.Sahara
7.It Ain't Love
8.Remember My Name
9.American Babylon
10.Kiss Of Fire
Rick played guitar on Tr.4 and...??
Rick and Robin did background vocals on...??

  「Lap Of Luxury」にゲスト参加していたグレッグ・ジェフリア(ex.Angel, Giuffria)率いるハ−ド・ロック・バンドの2ndアルバム。1stアルバム同様、Kissのジ−ン・シモンズが設立したレ−ベル、Simmons Recordsからのリリ−ス。グレッグのキ−ボ−ドと、ジェイムズ・クリスチャンのタフでソウルフルなヴォ−カルをフィ−チュアした産業ロック寄りの親しみやすいサウンドで、スティ−ヴ・ウィンウッドの名曲"Can't Find My Way Homeとバラ−ドの"Remember My Name"がヒットを記録した。(ちなみに"Remember My Name"は"The Flame"を書いたGraham/Mitchellのコンビによる作品)  リックが、CTの未発表曲の中でも比較的人気のある"Heart On The Line"を提供し、リ−ド・ギタ−も弾いている。又、ロビンもバックグラウンド・ヴォ−カルで参加している。
1992
Concrete Blonde/Walking In London Concrete Blonde/Walking In London
Produced by Concrete Blonde and Chris Tsangarides
1.Ghost Of A Texas Ladie's Man
2.Walking In London
3.Les Coeurs Jumeaux
4.Woman To woman
5.Why Don't You See Me
6.City Screaming
7.Someday *Tom on bass
8.I Wanna Be Your Friend Again
9...Long Time Ago
10.It's A Man's World

  "Joey"の大ヒットを生んだ1990年のアルバム「Bloodletting」に続く通算第4作。トムはシングルカットされた"Someday"でべ−スをプレイ。また、同じく"Someday"のプロモーション・ビデオにも出演した
Edan/Dead Flowers Edan/Dead Flowers
Produced by Julian Raymond
1.Let Me Into Your Heart
2.Faith Healer
3.Dead Flowers
4.Are You Ready
5.I Want To Be Myself
6.Love Sick
7.Day By Day
*Tom on 6 string bass
8.Put On Your Face
9.Whisper
10.Shot On Your Love
11.Tomorrow
12.Sometimes
13.Song About Drinking(the d.t. blues)

  現在もソロ・アーティストとして活動を続けているエダン・エヴァリー(ヴォーカル、ギター)を中心とした5人組のバンド。Faster PussycatやLA Gunsあたりに通じる退廃的でセクシーな雰囲気を持ったハード・ロックで、グルーヴィなミディアム・テンポのバッキングに、エダンの独特の粘っこいヴォーカルが乗る。トムが、アルバム中最もアップ・テンポでノリのよい"Day By Day"で6弦べースをプレイしている。プロデューサーはCTのメンバーと"Tell Me Everything"(「Woke Up With A Monster」)  "If It Takes A Lifetime"  "All Those Years"(「Rockford」)を共作したジュリアン・レイモンド。
Fiona/Squeeze Fiona/Squeeze
produced by Marc Tanner

1. Kiss The Boys Goodbye
2.Ain't that Just Like Love
3.Treat Me Right
4.All Over Now
5.The Best Is Yet To Come
6.Squeeze
7.Don't Come Cryin'
8.Nobody Dies Of A Broken Heart
9.Mystery Of Love
*written by Marc Tanner, Jeff Klaven,
Rick Nielsen and Robin Zander

10.Life On The Moon
  フィオナ・フラナガン率いるアメリカン・ハードロック・バンドの4thアルバム。リックとロビンがアルバムのプロデューサー・マーク・タナー、ジェフ・クレイヴェンと共作したミディアム・テンポのバラード"Mystery Of Love"が収録されている。バーニーが保管していたCheap Trickによるデモ・バージョンの"Mystery Of Love"が1995年の第1回Trickfest(ファン・イベント)で流されたことがあるそう。
(9/26/2014)
 
  
Foreigner/The Very Best...And Beyond
Foreigner
/The Very Best...And Beyond

 
1.Soul Doctor *
2.Prisoner Of Love *
3.With Heaven On Our Side *

4.Juke Box Hero
5.Hot Blooded
6.Cold As Ice
7.Head Games
8.Waiting For A Girl Like You
9.Urgent
11.I Want To Know What Love Is
12.Say You Will
13.That Was Yesterday
14.I Don't Want To Live Without You
15.Reb On The Red Line
16.Dirty White Boy
17.Feels Like The First Time
*Robin on background vo.

  '70年代後期から'80年代にかけてヒット曲を量産した英米混成バンドForeignerの、数あるグレイテスト・ヒッツ・アルバムのうちの1枚。ロビンがこのアルバムの為に書かれた新録曲3曲でコ−ラスをとっている。
1993
Joey C.Jones And The Glory Hounds Joey C. Jones And The Glory Hounds
Produed by Dito Godwin
1.Hello
2.Wait All Night
*Written by Rick and Robin

3.Kiss The World
4.She Loves
5.The Role You Know So Well
6.All I Need To Know
7.Thinkin' About You
8.It's Everywhere
9.Talk To Me
10.Broadway
11.How Much, How Soon
12.Castles In The Sky

  そのタイトルといい、曲調といい、「Cheap Trick大好きです」と宣言しているかのような1曲目が終ると、2曲めでリックとロビンが書いた曲が飛び出してくるというわかりやすい展開(笑) この"Wait All Night"、Cheap Trickらしいメロディ・センスに溢れた名曲で、何故他人にあげてしまったんだ!と思うほど。しかし、このアルバムの素晴らしいのは、その後に続くバンドのオリジナル曲がまた軒並みクオリティが高く、決して"Wait All Night"をハイライトに終らせていないということである。Enuff Z'nuffを更にメロディアスにして、キ−ボ−ドを足したような感じ--といったら乱暴な表現だろうか。ややクセのあるヴォ−カルは好き嫌いが分かれるかもしれないが、ハ−ドな曲からバラ−ドまで、起伏ある展開で全く飽きさせない。"Broadway"のクレジットには、PoisonのCC・デヴィルの名前もある。
Stevie Salas/Electric Pow Wow
Stevie Salas/The Electric Pow Wow
Produced by Stevie Salas
1.You Can't Judge A Book

2.Too Many Mountains
Written by Stevie Salas
Vocals: Stevie Salas, Sass Jordan
Rhythm guitars and verse solos:
Stevie Salas
First main solo:
Rick Nielsen
Second main solo and slide guitar: Zakk Wylde
Third ending solo: Stevie Salas
Bass: Phil Soussan
Drums: Randy Castillo

3.The Groove Line
4.I Was Made To Love Her
5.I Don't Want To Be With Nobody But You
6.I Don't Want To Waste Your Time
7.Good To Your Earhole
8.Trail Of Tears
9.Little Things

10.Too Rolling Stoned
Written by Robin Trower
Vocals: Sass Jordan
Guitars: Stevie Salas
Bass:
Tom Petersson
Drums: Matt Sorum
Background vocals: Vince Ruby

11.Wild Ride
12.Teenage Love Affair
13.DODO
14.Chant Of The Ever Circling Skeletal Family

  スティーヴィー・サラスが、リックとトムをはじめ、テレンス・トレント・ダ−ビ−、グレン・ヒューズ、リッチー・コッツエン、ザック・ワイルド etc.といった超豪華ゲスト・ミュージシャンを贅沢に配して、ロック、ブルーズ、ファンクのクラシック&レア曲(9曲)・オリジナル曲(5曲)を豪快に弾きまくったアルバム。リックはサラス・オリジナルのブルーズ"Too Many Mountains"で、トムはロビン・トロワー作の"Too Rolling Stoned"で、それぞれCTのワクの中では聴かせることのないインパクトのあるプレイを披露している。2人はブックレット中のスナップ写真にも登場。
Tia Carrere/Dream Tia Carrere/Dream
1.State Of Grace
2.I Wanna Come Home With You Tonight
3.Innocent Side
4.I Never Even Told You
5.Gift Of Perfect Love
6.Surrender
7.Love Is A Cannibal
*Robin on background vocal

8.We Need To Belong
9.Our Love
*Robin on background vocal

Robin on background vocal
10.Dream A Perfect Dream

  ハワイ出身の女優兼シンガー・ソングライターであるティア・カレルの1stアルバム。多数の著名なミュージシャンとソングライターをゲストに迎えた、完成度の高いポップ/ロック・アルバムだ。翌1994年にリリースされたCheap Trickの「Woke Up With A Monster」をプロデュースした、テッド・テンプルマンがプロデュースした"Love Is A Cannival"と"Our Love"の2曲でロビンがバックグラウンド・ヴォーカルを担当している。ムーディなダンサブル・チューン"Love Is A Cannival"ではロビンの艶のある声が良く聴こえる。"Our Love"では、この曲を書いたマイケル・マクドナルドとデイヴィッド・パック(ex.Ambrosia)もバックグラウンド・ヴォーカルを担当。ロビンの存在感はやや薄い。ロビン参加の2曲でギターを弾いているのは、Bulletboy在籍時にテッド・テンプルマン・プロデュースのアルバムを3枚リリースしたミック・スウェダ。
(2/8/2014)
1994
Concrete Blonde/Still In Hollywood
  Concrete Blonde/Still In Hollywood
 
 
1.It'll Chew You Up And Spit You Out
2.Everybody Knows
3.Free
4.God Is A Bullet
5.Probably Will
6.Mandocello
7.The Ship Song
8.Joey[acoustic]
9.Little Wing
10.Roses Grow[live]
11.The Sky Is A Poisonous Garden[live]
12.Bloodletting(The Vampire Song)
[extended version]
13.Simple Twist Of Fate
14.Side Of The Road
15.100 Games Of Solitaire *Tom on bass
16.Tomorrow, Wendy[live]

  上でも紹介しているConcrete Blondeの未発表音源、レア音源を集めたコンピレーション・アルバム。これはCTファンにとってかなり興味深い内容だ。まずTr.6はいうまでもなく「Cheap Trick」収録の名バラードのカヴァーで、楽曲の持つ影のあるメロディがConcrete Blondeのキャラクターにぴったり合った秀逸な出来になっている。憂いを帯びたジョネット・ナポリターノのディープな歌声が素晴らしい。Tr.15はシングル"Someday"にカップリングとして収録された曲で、"Someday"同様トムがゲスト参加。重くて太い、シンプルながらトムの持ち味が発揮されたサウンドとプレイを披露している。
Robert Gordon/All For The Love And The Rock'N' Roll Robert Gordon
/All For The Love And
The Rock 'N' Roll

produced by Robert Gordon
1.Attacked, Seduced and Abandoned
2.You Stepped in It Now
3.Prove It

4.I Found You
5.I Need You Girl
6.Goodbye Baby
7.Movin' Too Slow
8.All for the Love of Rock 'N' Roll
?9.Love and Trouble
10.Slash
11.Middle of the Night
12.Beside You
*Jon Brant

  50〜60年代の音楽の影響が色濃い、クラシックR&Rリバイバル的な音楽性を有するシンガーによる1994年作。CT脱退後のジョン・ブラントが参加。ジョンは、ロバートの艶やかなヴォーカルが印象的なミディアム・テンポの"Prove It"でソングライティングに関わり(他のライターはロバートとクリス・スペディング)  また哀感あるメロディが魅力的な"Beside You"でべースをプレイしている。
Sass Jordan/Rats
Sass Jordan/Rats
  
Produce by Nick Didia, Stevie Salas and Sass Jordan
1.Damaged
2.Slave
3.Pissin' Down
4.High Road Easy
5.Sun's Gonna Rise
6.Head
7.Ugly
8.I'm Not
9.Honey
10.Wish *Tom
11.Breakin'
12.Give

  カナダ出身の女性シンガ−・ソングライタ−、サス・ジョ−ダンの通算3作めのアルバム。現代ロック・シ−ンにおいて、女性ヴォ−カリストとしては間違いなくトップ・クラスにいるひとりであろうサスの力強く、エモ−ショナルな歌声の魅力が溢れた快作で、ヴォ−カルとインストゥルメンツが良い意味で張り合っている為、テンションが非常に高い。スティ−ヴィ−・サラスが作曲(2曲を除いて全ての曲がサスとサラスの共作)、プレイ、プロデュ−スと全編で関わっている為、サラス色もかなり濃くなっている。"Wish"にトムが参加しているのは「The Electric Pow Wow」つながりであろうか?  この"Wish"、グル−ヴ感のあるク−ルなロック・チュ−ンで、インストゥルメンツの攻めぎ合いは聴き応えがある。
Material Issue/Freak City Soundtrack
  Material Issue
/Freak City Soundtrack

Produced by Mike Chapman
1.Goin' Through Your Purse
2.Kim The Waitress
3.Funny Feeling
4.The Fan
5.One Simple Word
6.A Very Good Thing
7.I Could Use You
8.Ordinary Girl
9.Eko Beach
10.She's Goin' Thru My Head
11.Help Me Land
Rick on...???

  ジム・エリスン率いるシカゴのパワ−・ポップ・トリオの3枚めのフル・アルバム。日本盤がリリ−スされたMaterial Issueのアルバムは1stフルの「International Pop Overthrow」のみであるが、日本のメディアではCTを引き合いに出した紹介のし方がかなり多かったように記憶している。ややフラット気味だった前作「Destination Universe」(1992)とは対照的に、とてもメリハリのあるアルバムで、これまでのポップ・センスを完璧にフォロ−しつつ、全作品中最もハ−ドにロックしているのがポイント。新境地のバラ−ド"I Could Use You"は名曲だ。Material Issueは、ブレインであるジム・エリスンがこのアルバムが出た2年後に自殺し、何とも残念な終わりを迎えてしまった。
  リックはアルバム中3曲でギタ−を弾いているとのことだが、詳細は不明。Tr.6"A Very Good Thing"のギタ−・ソロはまず間違いなくリックだろう。
Material Issue/Goin' Through Your Purse
Material Issue
/Goin' Through Your Purse

Produced by Ric Browde
Tr.7 Produced by Mike Chapman
1.Master Of Ceremonies
2.Goin' Through Your Purse
3.Kim The Waitress
4.Very First Lie
(Very First Lie-The Fan-Funny Feeling
-What Girls Want-Diane)
5.Valerie Loves Me
6.Ballroom Blitz
*Rick on guitar

Bonus track:
7.Goin' Through Your Purse(LP version)

  地元シカゴで録音されたMaterial Issueのライヴ・アルバム。彼らの、アルバムより数段パワフルな演奏を楽しむことができる。"ミニ・アルバム扱い"でありながら(値段も安かった)フル・レングスと同じ長さなのがポイント。Tr.4は"Very First Lie"としか表示されていないが、実際は5曲続いている。リックはSweetの大ヒット曲としてお馴染み"Ballroom Blitz"にゲスト参加。
Marc Lafrance/Out Of Nowhere Marc Lafrance/Out Of Nowhere
produced by Paul Dean
1.Running In Circles
*Robin on songwriting

2.Land Of Denial
3.Kiss The Fire
4.Runaway
5.Schizophrenic
6.Living To Ride
7.Into The Night
8.Closer To Heaven
9.Act Out Your Fantasy
10.Blame It On The Night?

  セッション・ミュージシャンとしてのキャリアが豊富なカナダのシンガー・ソングライター。ロビンがアルバムをプロデュースしたLoverboyのギタリスト・ポール・ディーン、ジョン・デクスター(Loverboyの大ヒット曲"Heaven In Your Eyes"でもクレジットされている)、リチャード・ニールセン(もしかしてリック?)と共に、オープニングのアップ・テンポ・チューン"Out Of Nowhere"でソングライターとしてクレジットされている。マークとロビンは、共にMotley Crueの代表作「Dr.Feelgood」収録曲"She Goes Down"で、コーラスとしてゲスト参加している。音楽性は、マークのハスキーなヴォーカルをフィーチュアしたメロディアスなハード・ロック作。(3/23/2012)
1996
Posies/Amazing Disgrace The Posies/Amazing Disgrace
Produced by Nick Launay
Tr.2 Produced by Steve Fisk
1.Daily Mutilation
2.Ontario
3.Throwaway
4.Please Return It
5.Hate Song *Rick and Robin
6.Precious Moments
7.Fight It(If You Want)
8.Everybody Is A Fucking Liar

9.World
10.Grant Hart
11.Broken Record
12.The Certainty
13.Song #1
14.Will You Ever Ease My Mind
Bonus track:
15.Terrorized
Bonus track(Japanese edition only)
16.Sad To Be Aware

  ワシントン州出身のロック・バンドのメジャ−・レ−ベルでの通算3作めのアルバム。前作「Frosting On The Beater」(1993)で獲得したハ−ドなロック・サウンドと、前々作「Dear 23」が持っていた練りこまれたブリティッシュ・ロック寄りのポップ感覚の良いところが合わさったような、この時点でのキャリアの集大成的なアルバムといった感じ。ロビンとリックがアルバムの中でも"Everybody Is A Fucking Liar"と並んでハ−ドな"Hate Song"に参加している。この曲におけるロビンのシャウトは非常にインパクトがある。ゲスト参加した曲の中でもベスト・ワ−クのひとつに数えられるだろう。
Doug Powell/Curiouser Doug Powell/Curiouser
Produced by Doug Powell
except * Produced by DP and Dave Perkins
1.Let It Rock
2.When She Awoke
*Music by DP and Tom Petersson,
Words by DP

Tom Petersson on bass guitar

3.Just Like Montgomery Cliff
4.Humoresque
5.Torn *
6.Don't Say
7.Graceland
8.Cross My Heart
9.A Man For All Season
10.Can't Break My Heart
11.Are You Listening, Betty Flowers
12.For The Love Of God
13.Goodnight

  SWAGのメンバ−としても知られるシンガ−・ソングライタ−/マルチ・プレイヤ−による2ndソロ・アルバム。元々はトッド・ラングレンがプロデュ−スする予定だったが実現せず、"デモ状態"のままリリ−スに至っている。しかし、デモとは思えないほど完成度は高く、ダグ・パウエルのメロディ・センスが全編に溢れた好作品に仕上がっている。後にSWAGのアルバムにも収録されるバラ−ド"When She Awoke"をトムとダグが共作。またトムはこの曲でべ−スも弾いている。CTではまずプレイすることはないであろうタイプの曲だが、きっちりと自分の持ち味を出してくるのは流石。
T-Bone Stone/Live Bait
T-Bone Stone/Live Bait
1.Hi-Heel Sneakers
2.My Baby She's Gone
3.New Way of Walkin'
4.Boogie Stormin'
5.Messin' With the Kid
6.I'm a King Bee
7.Rollin' Stone/Still a Fool
8.Tell Me, Momma
9.Wild About You Baby
  1993年に録音された、ヴェテラン・ブルース・シンガーによるライヴ・アルバム。バーニーが全編でドラムスをプレイ。更にMark Peabodyと共にプロデュースも担当している。派手さこそないものの、CTと全く違うアーシィで隙の多いサウンドの中、タイトで気持ちのいいリズムを刻むバーニーが実に新鮮。
1997
Sass Jordan/Present
Sass Jordan/Present
1.Desire
2. Do What I Can
3. I Do +
4.More To Life +

5.Present
6.Everything's Better ++
7.What's Wednesday What
8.Rainshowers
9.Ha Ha Ha
10.Someone I Could Love
11.Peace

+ Tom & Bun E.
++ Bun E.

  カナダの女性ロッカーによる3rdアルバム。トムが前作「Rats」に続き参加(Tr.3、4)  バーニーもTr.3、4、6でプレイしている。プロダクションが「Rats」と比較するとかなり洗練されたスムースなプロダクションになっていることもあり、トムとバーニーの存在感は地味めだが、音楽的には"I Do"や"More To Life"は特にCheap Trickのスタイルと近いポップなハード・ロックなので、得意のフィールドで伸び伸びとプレイしている空気が伝わってきて楽しめる。リック・ネイターのプロデュース。
Scotty Moore&DJ Fontana/All The King's Men
Scotty Moore&DJ Fontana
/All The King's Men
1.Deuce And A Quarter
/ Keith Richards & The Band
2.I Told You So / The Mavericks
3.Locked Up In The State Of Illinois
/ The Bodeans
4.Going Back To Memphis
/ Bill Black Combo
5.I'm Gonna Strangle You Shorty
/ Joe Ely With Lee Rocker
6.Bad Little Girl / Cheap Trick
7.Soulmates / Ronnie Mcdowell & The Jordanaires
8.Hot Enough For Ya / Steve Earle With Lee Rocker
9.Strange Love / Joe Louis Walker
10.Is All Of This For Me? / Tracy Nelson
11.Unsung Heroes / Ron Wood & Jeff Beck

  エルヴィス・プレスリーのバンドで、エルヴィスの初めてのレコーディング・セッション(1954年)から1968年までリード・ギタリストを務めたスコッティ・ムーア、同じくエルヴィスのバンドに1955年から1969年までドラマーとして在籍したDJ ・フォンタナをフィーチュアした企画アルバム。Cheap Trickがプレイする"Bad Little Girl"はロビンとマイク・キャンベル(Tom Petty&The Heartbreakers)が共作した、オールディーズ風味たっぷりの洒落たロック・チューン。スコッティの軽やかなギブソンのギター・サウンドの上で、ロビンがいつも通りのパワフルな歌声を響かせる。
1998
Enuff Z'nuff/Paraphernalia
Enuff Z'nuff/Paraphernalia
Produced by Stemz and Seedz
1.Freak *
2.Top Of The Hill
3.Ain't It Funny
4.Believe In Love
5.Habit
6.Baby You're The Greatest
7.Someday
8.Unemotional *
9.Invisible
10.All Alone *
11.Everything Works If You Let It
12.Losers Of The World
* Rick on lead guitar

  CTの築いた音楽性を最もよいかたちで受け継いでいるバンドのひとつ、同郷シカゴ出身のロックバンドの(日本での)Enuff Z'nuff名義での通算5作めのアルバム。プロデュ−サ−のStemz and Seedsとはメンバ−のドニ−・ヴィ−とチップ・ズナフのこと。Tr.11は勿論CTのカヴァ−で、CTのトリビュ−ト・アルバム「Stiff Competition」に収録されていたのと同じバ−ジョン。
John Lennon/Wonsaponatime
John Lennon/Wonsaponatime 
1.I'm Losing You *BEC, RN & TP
2.Working Class Hero
3.God
4.How Do You Sleep?
5.Imagine[take.1]
6.Baby Please Don't Go
7.Oh My Love
8.God Save OZ
9.I Found Out
10.Woman Is The Nigger Of The World[live]
11."A Kiss Is Just A Kiss"
12.Be Bop A Lula
13.Rip It Up/Ready Teddy
14.What You Got
15.Nobody Loves You When You're Down And Out
16.I Don't Wanna Face It
17.Real Love
18.Only You
19.Grow Old With Me
20.Sean's "In The Sky"
21.Serve Yourself

   1stアルバムのレコーディング時にCTがジョン・レノンにプロデュースを依頼したというのは有名な話だが、彼らが初めてアイドルのひとりと共演したのはそれから3年経った1980年のことであった。ジャック・ダグラスの依頼で「Double Fantasy」アルバムのレコーディング・セッションに参加したのはロビンを除くメンバー3人。(彼らが何曲レコーディングしたのかは、資料によって書いてあることがかなり異なる)  結局彼らの参加した音源はアルバムに収録されなかったのだが、そのうちの一曲"I'm Losing You"をこのアルバムで聴くことができる。ジョンのエモーショナルなヴォーカルとリックの攻撃的なギター・サウンドのコンビネーションは鮮烈極まりなく、CTのジョン・レノン"逆プロデュース状態"ともいえる素晴らしい出来に仕上がっている。「Double Fantasy」を聴くと、このバージョンがアルバムに収録されなかったのは残念な反面、ある意味正解だったように思うが、どのようなかたちであれ、両者の共演が音として残されたのは本当によかった。

※この"I'm Losing You"はCD4枚組のジョン・レノン未発表音源ボックス・セット「Anthology」にも収録。
1999
Bill lloyd/Standing On The Shoulder Of The Giants Bill Lloyd
/Standing On The Shoulders
Of Giants

Produced by Bill Lloyd and Scott Baggett
except tracks 1,8 and 13 by Bill Lloyd
2 and 4 by Bill Lloyd and Brad Jones
1.Standing On The shoulders Of
The Giants
2.Cool And Gone
3.Sweet Virginia
4.Dr. Roberts Second Opinion
* Tom on bass

5.Holding Back The Waterfall
6.(Who You Gonna') Run To Now
7.Complaints
8.Don't Kid Yourself
9.This Is The Way
10.She Won't Be Back
11.Box Of Snakes
12.So You Won't Have To
13.Years Away From Here
14.Turn Me On Dead man

  「Sgt.Pepper Live」でバンド・メンバー(ギター&バックグラウンド・ヴォーカル)として参加していた、ケンタッキー州生まれのシンガー・ソングライター。80年代にラドニー・フォスターとのデュオFoster&Lloydで3枚のアルバムをリリースした後ソロ・アーティストに転向。これがソロ第3作になる。トムが60's風のアレンジが施されたスロウ・チューン4で、特徴のある印象的なべースを聴かせてくれる。
Boot  Camp/As You Were Boot Camp/As You Were
Produced by Adam Schmitt and Ken Gullic
Tr.5, 6, 7 Produced by Ken Gullic
1.Spent
2.Rise And Shine *Robin
3.Always Waiting For The Next Train
4.Bad Blood
5.Last Mistake
6.Party Girl(I Can't Believe It)
7.Inside Daisy

  テキサス州出身のポップなロック・バンドのデビュー・ミニ・アルバム。ロビンが"Rise And Shine"にゲスト参加している。
Jerry Dale Mcfadden/This Girl
Jerry Dale Mcfadden/This Girl
Tr.1,3,4,9,10
Produced and engineered by Brad Jones,
Assisted by Robin Eaton
Tr.2 Produced and engineered by Rick Will,
Assisted engineer: Reid Shippen
Tr.5,6,7,9 Produced and engineered by
Russ "Russwell" Long
1.This Girl
2.Let It Go
3.Catch Yourself
4.The Remembering
5.Hope For The Best
6.Stand, Whisper, Fall
7.Man In The Box
8.Waking Moments
9.If Lovin' Is A Sin *Tom on bass
10.Almost Home
11.--

  Mavericks、Sixpence None The Richer等のキ-ボ-ディストとして活躍。Swagにも参加しているシンガ−・ソングライタ−のソロ・アルバム。プロデュ−サ−にブラッド・ジョ−ンズ、ゲストにSwagのメンバ−というパ−ソネルからある程度予想のつく、ポップ色もあるル−ツ・サウンド〜カントリ−をべ−スにした音楽なのだが、ゲディ・リ−(Rush)とシンディ・ロ−パ−を足して2で割ったようなJDMのヴォ−カルによって歌われる旋律は非常に個性的で、一度聴いたら忘れられない。トムが参加したTr.9はピュアなカントリ−・チュ−ンで、トムは普段まず見せることのない渋いプレイを披露。また、JDMは「CT'97」収録の名曲"It All Comes Back To You"をメンバ−と共作していることでも知られる。
Chris Perez band/Resurrection Chris Perez Band/Resurrection
produced by Julian Raymond
1.Resurrection
2.Noches En Vela
3.Best I Can
4. Solo Tu
5. Refugio
6.Por Que Te Fuiste?
7.Solo Otra Vez
8.Annie
9.Aguq Bendita
10.Vienes O Vas?
11.Master Plan
12.Another Day
13.Lava Caliente
14. Shelter
15.Along Again, Or
*Rick Nielsen, Tom Petersson, Robin Zander

※Cheap Trickのメンバーが参加した曲について調査中
2000
Heart/Greatest Hits
 
1.What About Love
2.If Looks Could Kill
3.Never
4.These Dreams
5.Nothin' At All
6.Alone
7.Who Will You Run To
8.There's The Girl
9.Surrender To Me
featuring Robin Zander
10.All I Wanna Do Is Make Love To You
11.I Didn't Want To Need You
12.Tall, Dark Handsome Stranger
13.Stranded
14.You're The Voice
15.Back To Avalon
16.Black On Black II
17.Will You Be There (In The Morning)
18.The Road Home

  アメリカのハードロック・バンドHEARTのベスト・アルバム。キャリアにおいてセールス的に最も成功した、キャピトル・レーベル時代のヒット曲を中心に編集された内容で、リマスターが施されている。映画「テキーラ・サンライズ」でフィーチュアされたHEARTのヴォーカリスト、アン・ウイルソンとロビンのデュエット"Surrender To Me"を収録。作曲者はロス・バンネリとリチャード・マークス。この曲は1988年の12月にシングルカットされ、翌年の3月にBillboard Hot 100で最高位6位に到達する大ヒットを記録した。
(9/17/2017)
 
No Image Jim Peterik & World Stage/S. T.
*Rick Nielsen&Bun E. Carlos

  豪華ゲストが多数参加した、元Survivorのギタリストジム・ピートリックによる企画アルバム。管理人はi-tunesで、リックとバーニーが参加した"Zig Zag"のみダウンロード購入。2人の他にCinderellaのトム・キーファーもバッキング・ヴォーカルで参加している。キャッチーでノリのよいハード・ロック・チューンで、アレンジは洗練されている部分もあり、土着性を感じる部分もあり、ジム、トム、リック&バーニーのそれぞれの魅力が発揮された仕上がりになっている。ジムの見事なプロデュース感覚に唸らされる佳曲だ。イントロで"1、2、3…"とカウントしているのはリックだろう。
T-Bone Stone/Bases Loaded T-Bone Stone/Bases Loaded
1.New Way Of Walkin'
2.Chummin the Blues
3.Autumn Rain
4.Poor Boy
5.You're Knockin
6.Jail Time
7.Georgie Way
8.Boogie Man
9.Ruby in the Sand
10.Rajun Cajun Woman
11.Too Many Elvises

*Bun E.

  T-Bone Stoneは、本人も影響を認めるジュニア・ウェルズ、ポール・バターフィールド譲りのハーモニカを武器に持つブルーズ・シンガー。1996年のライヴ・アルバム「Live Bait」に続きゲスト参加したバーニーが、軽快な"Jail Time"で溌剌としたプレイを聴かせてくれる。CTの曲ではほとんど聴けない、ライトに響くスネアとハイハットの音が実に心地よい。
2001-
Through The Night


SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー