Through The Night > Discography > Other CT related works:2001〜
Other CT related works: 2001〜
2001 / 2004 / 2006 / 2007 / 2008 / 2009 / 2010
2001
Alejandra Guzman/Soy Alejandra Guzman/Soy
produced by Desmond Child and Randy Cantor
1.Diablo
2.De Verdad
3.Quiero Vivir
4.Volver A Amar
5.Caramelo
*Rick on guitar
6.Todo
7.Vagabond Coraz
8.Soy Tu Lluvia
9.Abrzame
10.Labios De Fuego

  俳優、歌手のエンリケ・グスマンを父に持つメキシコの女性シンガーのアルバム。プエルトリコではアルバム・チャートno.1の大ヒットを記録。リックが"Caramero"で、実に溌剌としたギター・ソロを披露している。ハード・ロック風のラウドなギターをフィーチュアしたポップ・アルバムなので、リックのスタイルにぴったり合っている。全編スペイン語。なお、"Caramelo"とは"キャンディ"のことだが"Oh Candy"とは全く関係ない(笑)
Nine24/6-pack NINE24/6-Pack
produced by Phil Baranchik, Tim Bradley & Chris Riccardo
1.Chuggin' Beers
2.Pleasure Ride
3.Exit Signs
4.Evil Ways
5.Temple Of Insanity
6.Feel The Burn
7.Good Time Girl
8.Pop Song
9.Sex
* Daxx on drums

  Harmony Riley在籍時のダックスがサポートとして全編でドラムスを担当した、シカゴ出身のバンドの唯一のアルバム。80'sヘア・メタルの影響が色濃い、明るく華やかなハード・ロックを聴かせてくれる。これという決定打になる名曲がなく、平坦な印象がするのが残念。アルバム・ジャケットで、サングラスをかけてカウンターに寄りかかっているのはダックスと思われる
(5/7/2016)
 
The Smashing Pumpkins/Greatest Hits
The Smashing Pumpkins
/Greatest Hits(Limited Edition)

  
Disk One(Rotten Apples):
1.Siva
2.Rhinocerous
3.Drown
4.Cherub Rock
5.Today
6.Disarm
7.Bullet With Butterfly Wings
8.1979
9.Zero
10.Tonight, Tonight
11.Eye
12.Ava Adore
13.Perfect
14.The Everlasting Gaze
15.Stand Inside Your Love
16.Try, Try, Try
17.Real Love
18.Untitled
Disk Two(Judas O):
1.Lucky 13
2.Aeroplane Flies High
3.Because You Are
4.Slow Dawn
5.Believe
6.My Mistake
7.Marquis In Spades
8.Here's To Atom Bomb
9.Sparrow
10.Waiting
11.Saturnine
12.Rock On
13.Set The Ray To Jerry
14.Winterlong
15.Soot And Stars
16.Blissed And Gone *Rick on guitar

  新世代バンドの中ではCTに最も影響を与えたと思える(たとえば"Anytime"などは凄くスマ・パンぽい)Smashing Pumpkinsの集大成的ベスト・アルバム。初回プレスのみについていた、シングルB面/レア・トラックを集めたボ−ナスCD「Judas O」の最後の曲、重々しい"Blissed And Gone"でリックがギタ−を弾いているが、リックの存在感が.....ほとんどない(泣)
Swag/Catch-All Swag/catch-all
Produced by Brad Jones
1.Lone
2.I'll Get By
3.Near Perfect Smile
4.Please Don't Tell
5.When She Awoke
6.Louise
7.Different Girl
8.You
9.Eight
10.Trixie
11.Ride
12.She's Deceiving

  シンガー・ソングライターのダグ・パウエル、セッション・キーボーディストであり、自らのアルバムもリリースしているジェリー・デイル・マクファーデン、Mavericksのべーシスト、ロバート・レイノルズ、Wilcoのドラマー、ケン・クーマーという豪華メンバー4人によるプロジェクト…の筈が、メンバーの友人であった為"ゲスト参加"したトムが、ジャケット・デザイン(ブックレットにはトムの写真は勿論、「Dream Police」のジャケットや、リックのピックまで!)からクレジット表記に至るまでまるでメンバーの一員であるかのように使われてしまい、ついには訴訟問題にまで発展してしまったといういわくつきのアルバム。音楽性はこのメンツと、プロデューサーにブラッド・ジョーンズが関わっている事から予想がつく通りの、ルーツ・ロックを土台にしつつもパワー・ポップ的な爽快感とシャープさも備えた中庸的なサウンド。押しの強さはないものの流石に完成度は高い。
2004
No Strings Attached/Weird Little Album
※アルバムジャケットにホログラム
を使用しています。画像をクリックすると
別のジャケットデザインに変わります
 No Strings Attached
/Weird Little Album

all arrangements by No Strings Attached,
except tracks 10&11 - arranged,recorded
and performed by Tommy Greywolf
 
 1.What Are Friends For?
2.Voices In My Head
3.If You Ever Get Lonely
4.My Lazy Ways
5.From Here To There
6.Tenderly
 7.You're Insane
8.I'll Go Away
9.I Don't Care
10.Intro
11.T's hard Hittin' D Minor
12.Hole In The Sky
*Bun E on drums

※近日アップ予定 
Spike Priggen/Stars After Atars After Stars Spike Priggen
/Stars After Stars After Stars

Produced by Spike Priggen
1.In The Inside
2.Be Married Song
3.How We Were Before
4.When You Looked At Me
5.Big Stone
6.Only Childen Sleeping
7.Plain Sailing
8.Questioningly
9.Nighttime
10.I'm Eighteen

11.A Slow Soul
12.--
*Bun E on drums

  枯れた味わいのヴォーカルとポップ・センスが魅力的なシンガー・ソングライター、Spike Priggenによるコリン・ブランストーン、アレックス・チルトン、アリス・クーパー等フェイバリット・アーティストの楽曲をカヴァーしたアルバム。バーニーが6曲でプレイしている。
2006
Frank Black/Fast Man Raider Man Frank Black/Fast Man Raider Man
Produced by Jon Tiven
Disc One
1.If Your Poison Gets You
2.Johnny Barleycorn
3.Fast Man
4.You can't Crucity Yourself
5.Dirty Old Town
6.Wanderlust
7.Seven Days
8.Raider Man
9.The End Of The Summer
10.Dog Sleep
*Tom on bass
11.When The Paint Grows Darker Still
12.I'm Not Dead(I'm In Pittsburgh
13.Golden Shore
Disc Two
1.In The Time Of My Ruin
2.Down To You
3.Highway To Lowdown
4.Kiss My Ring
5.My Terrible Ways
6.Fitzgerald
7.Elijah
8.It's Just Not Your Moment
9.The Real 'El Rey
10.Where The Wind Is Going
11.Holland Town
12.Sad Old World
13.Don't Cry That Way
14.Fare Thee Well

  Pixiesのフロントマン〜フランク・ブラックの2枚組ソロ・アルバム。アメリカン・ルーツ色の濃いレイド・バックしたサウンドの中に、フランクらしいフックのあるメロディが活きている。以前よりPixiesファンを公言していたトムが"Dog Sleep"でべースをプレイ。この曲での他の参加ミュージシャンはフランク・ブラック(ヴォーカル、ウクレレ)、ボブ・バピット(べース)、ビリー・ブロック(ドラムス)、レヴォン・ヘルム(ドラムス)、ウェイン・ジャクソン(トロンボーン)、イアン・マクレガン(キーボード)、ライル・ワークマン(ギター、楽曲アレンジ) セッションは2004年10月7日に行われた。
PF Sloan/Sailover PF Sloan/Sailover
produced by Jon Tiven
1.The Sins Of The Family
2.Violence
3.If You Knew
4.The Soul Of The Woman
5.Eve Of Destruction
6.Halloween Mary
7.All That Time Allows
8.Hollywood Moon
9.Where Were You When I Needed You
10.Love Is 4giving
11.Cross The Night
12.Sailove
13.PK And The Evil Doctor Z

14.From A Distance

*Tom on Bass

  60年代から活動する超ヴェテランSSWのアルバム。ルシンダ・ウイリアムス、フランク・ブラック、バディ・ミラー等実に豪華なゲスト陣を迎えたアルバムだが、トムは4曲で流石の存在感をみせている。重くて太い、トム印のサウンド。"Love Is 4giving"でのフィル・インもクールだ。日本でのみ60年代に大ヒットした"From A Distance"(邦題・孤独の世界)のリメイクも収録している。
Revolting Cocks/Cocked And Loaded Revolting Cocks
/Cocked And Loaded
1.RevColution Medley
2.Ten Million Ways To Die
3.Caliente(Dark Entries)
4.Prune Tang
5.Fire Engine *Rick
6.Dead End Streets *Rick
 7.Pole Grinder *Robin
8.Jack In The Crack
9.Devil Cock
10.Viagra Culture
11.Revolting Cock Au Lait *Rick

  アル・ジュールゲンセン(Ministry)、ギビー・ヘインズ(Butthole Surfers)、ジェロ・ビアフラ(Dead Kennedys)らが在籍するインダストリアル・ロック・バンド。そのラウドで激しいサウンドとリック、ロビンの組み合わせがどうも想像しがたいのだが、そのはちゃめちゃな音楽性に以外なほどハマっており楽しめる。適材適所で各自の個性を発揮させるアルのセンスが素晴らしい。"Fire Engine"で聴けるリックのサーフ・ギターは聴きもの。ロビンは"Pole Grinder"でコーラスに参加。ブックレットでリックはメンバーの一員として写真付きで紹介されている。
No Image Revolting Cocks
/Cocktail Mixxx
1.Fire Engine
2.Ten Million Ways To Die
3.Caliente(Dark Entries)
4.Prunetang
5.Dead End Streets
6.Pole Grinder
7.Jack In The Crack
8.Devil Cock
9.Viagra Culture
10.Revolting Cock Au Rait
11.Fire Engine

  上記「Cocked And Loaded」アルバムの楽曲をリミックスした企画アルバム。日本限定で、「Cocked And Loaded」と「Cocktail Mixxx」をカップリングした「ダブル・バレル・コックド・アンド・ローデッド」もリリースされている。
Spike Priggen/There's No Sound In Flutes Spike Priggen
/There's No Sound In Flutes!

produced by Spike Priggen
1.I Know Everything
2.Hideaway
3.Little Star
4.Everyone Loves Me But You
5.Disappointing Everyone
6.Something
7.The Only Girl(In The World)
8.'Til It All Falls Apart
9.I'm So Glad You Broke My Heart
10.R.I.P. Green Eyes
11.What You Want
*Bun E. on drums

  Big Starやフィル・シーモアに通じる、ポップなメロディを枯れた味わいのサウンド、レトロなアレンジで聴かせるニューヨークのシンガー・ソングライターによる3rdアルバム。長年の友人だというバーニーが2曲にゲスト参加している。その落ち着いた音楽性もあり、バーニーのプレイもいたって控え目。
2007
A Fine Frenzy/One Cell In The Cea A Fine Frenzy
/One Cell In The Cea

produced by Lucas Burton And Hal Cragin 
 
1.Come On, Come Out
2.The Minnow & The Trout
3.Whisper
4.You Picked Me
5.Rangers
6.Almost Lover
7.Think Of You
8.Ashes And Wine
9.Liar, Liar
10.Last Of Days
11.Lifesize
12.Near To You
13.Hope For The Hopeless
14.Borrowed Time
Japanese version CD only bonus tracks:
15.Lovesick
16.Almost Lover(remix)

* Daxx Nielsen on drums

  女優としても活動するアリソン・スドルが、A Fine Frenzy名義でリリースした1stアルバム。アリソンのディープで憂いのあるヴォーカルをフィーチュアした、ダークで抒情味のあるサウンドのAOR作品である。ダックス・ニールセンが2曲でドラムをプレイしている。ダックスがプレイした、初の日本盤(日本盤タイトル「海からの贈りもの」)がリリースされたアルバムとなった。なお、写真は海外版のアルバム・ジャケットであり、アメリカ盤はデザインが異なる。
(7/1/2016)
MarK Willer/Bad Chords Mark Willer/Bad Chords
produced by Mark Willer
1.Bad Chords
*Bun E. on drums
2.Pointy Shoes And Cigarettes
*Jon Brant on upright bass
Bun E. on drums
3.Chrystal Chandeliers
*Jon Brant on bass
4.What's The Matter Sleepyhead?
*Jon Brant on upright bass
5.Colors Of A Sad Moon
*Jon Brant on bass
Bun E. on drums

6.Slingblade
7.Are You Forgetting Something?

8.Mercury
9.Some Of Us
*Jon Brant on upright bass

10.Breathe
11.Green
*Jon Brant on bass
12.In Bloom
*Jon Brant on upright bass
Bun E. on drums

13.Gun Is On The Nightstand

  情報が極めて少ないシンガー・ソングライターだが、バーニー・カルロス、ジョン・ブラント、マイルス・ニールセン(tr.11でギターをプレイ)というCT関連の3人がゲスト参加し、マークとジョンが共作した美しいバラード"Mercury"の歌詞に"Here in Rockford Illinois"という一節が出てくるところを見ても、CTのメンバーの同郷、若しくはイリノイ州周辺で活動している可能性が高そうだ。フォーク、ブルーズ、カントリー等、アメリカン・ルーツ音楽を咀嚼した音楽性はCTとは距離があるが、全編でバーニーとジョンが腕をふるった内容はファンなら見逃せない。マークのソウルフルなヴォーカルが、濃密で味わい深いバッキングの上で映える。
2008
Ministry/Cover Up Ministry/Cover Up
Produced by Al Jourgensen
1.Under My Thumb
2.Bang A Gong
3.Radar Love
*Robin on vocal
4.Space Truckin'
5.Black Betty
6.Mississippi Queen
7.Just Got Paid
8.Roadhouse Blues
9.Supernaut
10.She's So Heavy/I Want You
11.Lay Lady Lay
12.What A Wonderful World

*Rick on...?

  インダストリアル・メタル・バンドの大御所Ministryが、Rolling Stones、Deep Purple、Black Sabbath等のクラシック・チューンをカヴァーしたアルバム。ロビンがGolden Earringの"Radar Love"で歌っている模様。リックもゲスト参加しているが、どの曲でプレイしているのか不明。
Meet The Glen Campbell Glen Campbell
/Meet Glen Campbell

produced by Julian Raymond, Howard Willing
1.Sing (Travis)
2.Walls (Tom Petty & The Heartbreakers)
3.Angel Dream
(Tom Petty & The Heartbreakers)
4.Times Like These (Foo Fighters)
5.These Days (Jackson Browne)
6.Sadly, Beautiful (The Replacements)
7.All I Want Is You (U2)
8.Jesus (Velvet Underground)
9.Good Riddance(Time Of Your Life) (Green Day)
10.Grow Old With Me (John Lennon)

*Robin and Rick on...?
※( )内はオリジナルのアーティスト

  カントリー・ミュージック界の大御所グレン・キャンベルがTravis、Foo Fightersからジョン・レノンまで、意外性のある幅広いタイプの楽曲をカヴァーしたアルバム。Additional Musiciansにロビン(vocal)とリック(guitar)のクレジットあり。どの曲でプレイしているのか調査中。
The Greg Gillings Band/Do Overs The Greg Billings Band
/Do Overs
1.Get On Up
2.Wrong Side Of The Tracks
3.Walkin' Shoes
*Robin on vocal
4.Clear Blue Morning
5.I'll Shine
6.Midnight Hour
7.Lightin' In My Pocket
8.My World
9.Rock And Roll
10.Closer To My Heart
11.Ockeeechobee Whiskey

  AC/DCのブライアン・ジョンソンがゲスト参加したウィルソン・ピケットの"Midnight Hour(In The Midnight Hour)"  Led Zeppelinの"Rock And Roll"といったカヴァー曲にも表れているように、60〜70年代のクラシック・ロックの影響大のAORを聴かせるアメリカのバンド。ロビンと長い友人関係にあるというフロントマンのグレッグ・ビリングスが、ロビンのソロ・アルバムに収録されている"Walkin' Shoes"のカヴァーでリード・ヴォーカルをロビンと分け合っている。グレッグのソウルフルなハスキー・ヴォイスと、ロビンの甘いヴォーカルのコンビネーションが魅力的。グレッグのライナー・ノーツによると、この曲でロビンの息子さん(テイラーと思われる)もコーラス・ハーモニーでゲスト参加しているようだ。
2009
Miles Nielsen/Miles Miles Nielsen/Miles
produced my Miles Nielsen and Daniel James McMahon
1.A Festival
2.Gravity Girl
3.Lost My Mind
4.1938
5.Don't You
6.Martha
7.Good Heart Sway
8.Hey Hey Hey
9.Sugaree
10.Wine
11.Lucy
12.The Crown

*Bun E. on drums

  このアルバムにも参加している弟、ダックスと共にバンドHarmony Raileyで活動していたリックの息子マイルズの初のソロ・アルバム。ボブ・ディランやジョージ・ハリスンにも通じる、60〜70年代の影響が色濃いシンプルなフォーク〜ロック・サウンドの上に、叙情的なメロディを歌いあげるマイルスの歌声が乗るシンガー・ソングライター作。落ち着いた、かなり渋めの音楽性だ。バーニーがドラムスで参加しているが、曲ごとのクレジットがなく、どの曲でプレイしているか詳細不明。
2010
Micki Free/American Horse Micki Free/American Horse
produced by Micki Free
1.Wounded Knee
2.Lucky #7
3.Hey Baby/New Rising Sun
4.Black Moon Rising
5.The Drowning Pool
6.Voodo Chile (Slight Return)
7.Angels In The Room
8.New York New York
*Jon Brant on bass

9.Heather's Room
10.Voodoo Chile Blues
11.Wounded Knee(Warrior Version)

  Shalamar、Crown Of Thorns、ジョン・ブラントが在籍するThe Micki Free Electric Blues Experience等の活動で知られる、シンガー・ソングライターのミッキー・フリーが自身のバンドAmerican Horse Trioのバンド名をタイトルに冠したソロ・アルバム。得意とするブルーズ色の濃いロック・チューンをフィーチュアした内容で、ノリの良いキャッチーなロック・チューン"New York New York"でジョン・ブラントがベースを弾いている
(9/17/2017)
Through The Night



SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送